目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

Old Testament「Book of Zechariah」
旧約聖書:ゼカリヤ書

第5章(CHAPTER 5)

  1. 我また目を擧(あげ)て觀(み)しに卷物(まきもの)の飛(とぶ)あり
  2. 彼われに汝(なんぢ)何を見るやと言(いひ)ければ我言ふ我(われ)卷物(まきもの)の飛ぶを見る其(その)長(ながさ)は二十キユビトその寛(はゞ)は十キユビト
  3. 彼またわれに言(いひ)けるは是(これ)は全地の表面(おもて)を往(ゆき)めぐる呪詛(のろひ)の言(ことば)なり凡(すべ)て竊(ぬす)む者は卷物(まきもの)のこの面(おもて)に照(てら)して除(のぞ)かれ凡(すべ)て誓(ちか)ふ者は卷物の彼(か)の面(おもて)に照(てら)して除(のぞ)かるべし
  4. 萬軍(ばんぐん)のヱホバのたまふ我これを出(いだ)せり是(これ)は竊盗者(ぬすむもの)の家に入りまた我名(わがな)を指(さし)て僞(いつは)り誓(ちか)ふ者の家に入(いり)てその家の中に宿(やど)りその木と石とを並(あは)せて盡(ことごと)く之(これ)を燒(やく)べしと
  5.  我に語(ものい)へる天の使(つかひ)進み來(きた)りて我に言(いひ)けるは請(こ)ふ目を擧(あげ)てこの出(いで)きたれる物の何なるを見よ
  6. これは何なるやと我(われ)言(いひ)ければ彼言ふ此(この)出來(いできた)れる者はエパ舛(ます)なり又言ふ全地において彼等の形状(かたち)は是(かく)のごとしと
  7. かくて鉛(なまり)の圓(まろ)き蓋(ふた)を取(とり)あぐれば一人の婦人(をんな)エパ舛(ます)の中に坐(ざ)し居(を)る
  8. 彼(かれ)是(これ)は罪惡(ざいあく)なりと言(いひ)てその婦人(をんな)をエパ舛(ます)の中に投(なげ)いれ鉛(なまり)の錘(おもり)をその舛(ます)の口に投(なげ)かぶらせたり
  9. 我また目を擧(あげ)て觀(み)しに婦人(をんな)二人出(いで)きたれり之(これ)に鶴(つる)の翼(つばさ)のごとき翼(つばさ)ありてその翼(つばさ)風を含む彼等そのエパ舛(ます)を天地の間に持(もち)擧(あ)ぐ
  10. 我すなはち我に語(ものい)ふ天の使(つかひ)にむかひて彼等エパ舛(ます)を何處(いづこ)へ携(たづさ)へゆくなるやと言(いひ)けるに
  11. 彼(かれ)我に言ふシナルの地にて之(これ)がために家を建(たて)んとてなり是(これ)は彼處(かしこ)に置(すゑ)られてその臺(だい)の上に立(たゝ)ん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ゼカリヤ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書