目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

Old Testament「Book of Zechariah」
旧約聖書:ゼカリヤ書

第8章(CHAPTER 8)

  1. 萬軍(ばんぐん)のヱホバの言(ことば)われに臨(のぞ)めり曰(いは)く
  2. 萬軍のヱホバかく言(いひ)たまふ我シオンのために甚(はなは)だしく心を熱して妬(ねた)く思ひ大(おほい)なる忿怒(いかり)を起して之(これ)がために妬(ねた)く思ふ
  3. ヱホバかく言(いひ)たまふ今我シオンに歸(かへ)れり我ヱルサレムの中に住(すま)んヱルサレムは誠實(まこと)ある邑(まち)と稱(とな)へられ萬軍のヱホバの山は聖山(きよきやま)と稱(とな)へらるべし
  4. 萬軍のヱホバかく言(いひ)たまふヱルサレムの街衢(ちまた)には再び老(おい)たる男(をとこ)老(おい)たる女(をんな)坐(ざ)せん皆年高くして各々(おのおの)杖(つゑ)を手に持(もつ)べし
  5. またその邑(まち)の街衢(ちまた)には男の兒(こ)女の兒(こ)滿(みち)て街衢(ちまた)に遊び戯(たはむ)れん
  6. 萬軍のヱホバかく言(いひ)たまふこの事その日には此(この)民の遺餘者(のこれるもの)の目に奇(くすし)といふとも我(わが)目に何の奇(くすし)きこと有(あら)んや萬軍のヱホバこれを言ふ
  7. 萬軍のヱホバかく言(いひ)たまふ視(み)よ我わが民を日の出(いづ)る國(くに)より日の入る國より救(すく)ひ出(いだ)し
  8. かれらを携(たづさ)へ來(きた)りてヱルサレムの中に住(すま)しめん彼らは我民(わがたみ)となり我は彼らの神となりて共に誠實(まこと)と正義(たゞしき)に居(をら)ん
  9.  萬軍(ばんぐん)のヱホバかく言(いひ)たまふ汝(なんぢ)ら萬軍のヱホバの室(いへ)なる殿(みや)を建(たて)んとて其(その)基礎(いしずゑ)を置(すゑ)たる日に起(おこ)りし預言者等の口の言詞(ことば)を今日聞く者よ汝らの腕(うで)を強くせよ
  10. 此日(このひ)の先には人も工(わざ)の價(あたひ)を得(え)ず獸畜(けもの)も工(わざ)の價(あたひ)を得(え)ず出者(いづるもの)も入者(いるもの)も仇(あだ)の故(ゆゑ)をもて安然(やすらか)ならざりき即(すなは)ちわれ人々をして互(たがひ)に相(あひ)攻(せめ)しめたり
  11. 然(しか)れども今は我(われ)此民(このたみ)の遺餘者(のこれるもの)に對(たい)すること曩(さき)の日の如(ごと)くならずと萬軍のヱホバ言(いひ)たまふ
  12. 即(すなは)ち平安の種子(たね)あるべし葡萄(ぶだう)の樹は果(み)を結び地は産物を出(いだ)し天は露(つゆ)を與(あた)へん我この民の遺餘者(のこれるもの)にこれを盡(ことごと)く獲(え)さすべし
  13. ユダの家およびイスラエルの家よ汝らが國々の中(うち)に呪詛(のろひ)となりしごとく此度(このたび)は我なんぢらを救(すく)ふて祝言(ほぎごと)とならしめん懼(おそ)るゝ勿(なか)れ汝らの腕(うで)を強(つよ)くせよ
  14.  萬軍(ばんぐん)のヱホバかく言(いひ)たまふ在昔(むかし)汝らの先祖(せんぞ)我を怒(いか)らせし時に我これに災禍(わざはひ)を降(くだ)さんと思ひて之(これ)を悔(くい)ざりき萬軍のヱホバこれを言ふ
  15. 是(かく)のごとく我また今日(こんにち)ヱルサレムとユダの家に福祉(さいはひ)を降(くだ)さんと思ふ汝ら懼(おそ)るゝ勿(なか)れ
  16. 汝(なんぢ)らの爲(なす)べき事は是(これ)なり汝ら各々(おのおの)たがひに眞實(まこと)を言(いふ)べし又汝等の門にて審判(さばき)する時は眞實(まこと)を執(とり)て平和の審判(さばき)を爲(なす)べし
  17. 汝等すべて人の災害(わざはひ)を心に圖(はか)る勿(なか)れ僞(いつはり)の誓(ちかひ)を好む勿(なか)れ是等(これら)はみな我(わ)が惡(にく)む者なりとヱホバ言(いひ)たまふ
  18.  萬軍(ばんぐん)のヱホバの言(ことば)われに臨(のぞ)めり云(いは)く
  19. 萬軍のヱホバかく言(いひ)たまふ四月の斷食(だんじき)五月の斷食七月の斷食十月の斷食かへつてユダの家の宴樂(たのしみ)となり欣喜(よろこび)となり佳節(よきいはひ)となるべし惟(たゞ)なんぢら眞實(まこと)と平和を愛すべし
  20. 萬軍のヱホバかく言(いひ)たまふ國々の民および衆多(おほく)の邑(まち)の居民(きよみん)來(きた)り就(つか)ん
  21. 即(すなは)ちこの邑(まち)の居民(きよみん)往(ゆき)てかの邑(まち)の者に向ひ我儕(われら)すみやかに往(ゆき)てヱホバを和(なご)め萬軍のヱホバを求めんと言(いは)んに我も往(ゆく)べしと答へん
  22. 衆多(おほく)の民(たみ)強き國民(くにびと)ヱルサレムに來(きた)りて萬軍のヱホバを求めヱホバを和(なご)めん
  23. 萬軍のヱホバかく言(いひ)たまふ其日(そのひ)には諸(もろもろ)の國語(くにことば)の民十人にてユダヤ人(びと)一箇(ひとり)の裾(すそ)を拉(とら)へん即(すなは)ち之(これ)を拉(とら)へて言(いは)ん我ら汝らと與(とも)に往(ゆく)べし其(そ)は我ら神の汝らと偕(とも)にいますを聞(きゝ)たればなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ゼカリヤ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書