目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

Old Testament「Book of Zechariah」
旧約聖書:ゼカリヤ書

第11章(CHAPTER 11)

  1. レバノンよ汝(なんぢ)の門(かど)を啓(ひら)き火をして汝の香柏(かうはく)を焚(やか)しめよ
  2. 松よ叫(さけ)べ香柏(かうはく)は倒れ威嚴(いかめしき)樹(き)はそこなはれたりバシヤンの橡(かし)よ叫べ高らかなる林は倒れたり
  3. 牧者(ぼくしゃ)の叫ぶ聲(こゑ)あり其(その)榮(さかえ)そこなはれたればなり猛(たけ)き獅子(しゝ)の吼(ほゆ)る聲(こゑ)ありヨルダンの叢(くさむら)そこなはれたればなり
  4.  我神(わがかみ)ヱホバかく言(いひ)たまふ宰(ほふ)らるべき羊(ひつじ)を牧(か)へ
  5. 之(これ)を買ふ者は之(これ)を宰(ほふ)るとも罪なし之(これ)を賣(う)る者は言ふ我(われ)富を得(う)ればヱホバを祝すべしと其(その)牧者もこれを惜(をし)まざるなり
  6. ヱホバ言(いひ)たまふ我かさねて地の居民(きよみん)を惜(をし)まじ視(み)よ我(われ)人を各々その隣人(となりびと)の手に付(わた)しその王の手に付(わた)さん彼ら地を荒すべし我これを彼らの手より救ひ出(いだ)さじ
  7. 我すなはち其(その)宰(ほふ)らるべき羊(ひつじ)を牧(かへ)り是(これ)は最(もつと)も憫然(あはれ)なる羊なり我みづから二本の杖(つゑ)を取り一(ひとつ)を恩(めぐみ)と名(なづ)け一(ひとつ)を結(むすび)と名(なづ)けてその羊を牧(かへ)り
  8. 我(われ)一月(ひとつき)に牧者三人を絶(たて)り我(われ)心に彼らを厭(いと)ひしが彼等も心に我を惡(にく)めり
  9. 我いへり我は汝らを飼(やしな)はじ死(しぬ)る者は死に絶(たゝ)るゝ者は絶(たゝ)れ遺(のこ)る者は互にその肉を食(くら)ひあふべし
  10. 我(われ)恩(めぐみ)といふ杖(つゑ)を取(とり)て之(これ)を折れり是(これ)諸(もろもろ)の民に立(たて)し我(わが)契約(けいやく)を廢(はい)せんとてなりき
  11. 是(これ)はその日に廢(はい)せられたり是(こゝ)においてかの我に聽(きゝ)したがひし憫然(あはれ)なる羊(ひつじ)は之(これ)をヱホバの言(ことば)なりしと知れり
  12. 我(われ)彼らに向(むか)ひて汝等もし善(よし)と視(み)なば我(わが)價(あたひ)を我に授(さづ)けよ若(もし)しからずば止(や)めよと言(いひ)ければ彼等すなはち銀三十を權(はか)りて我(わが)價(あたひ)とせり
  13. ヱホバ我に言(いひ)たまひけるは彼等に我(わ)が估價(ねづもり)せられしその善價(よきあたひ)を陶人(すゑものし)に投(なげ)あたへよと我すなはち銀三十を取(とり)てヱホバの室(いへ)に投(なげ)いれて陶人(すゑものし)に歸(き)せしむ
  14. 我また結(むすび)といふ杖(つゑ)を折(を)れり是(これ)ユダとイスラエルの間の和好(よしみ)を絶(たゝ)んとてなりき
  15.  ヱホバ我に言(いひ)たまはく汝(なんぢ)また愚(おろか)なる牧者(ぼくしゃ)の器(うつは)を取れ
  16. 視(み)よ我(われ)地に一人の牧者(ぼくしゃ)を興(おこ)さん彼は亡(ほろ)ぶる者を顧(かへり)みず迷(まよ)へる者を尋(たづ)ねず傷(きず)つける者を醫(いや)さず健剛(すこやか)なる者を飼(やしな)はず肥(こえ)たる者の肉を食(くら)ひ且(かつ)その蹄(ひづめ)を裂(さか)ん
  17. 其(その)羊の群(むれ)を棄(すつ)る惡(あし)き牧者は禍(わざはひ)なるかな劍(つるぎ)その腕に臨(のぞ)みその右の目に臨(のぞ)まん其(その)腕は全(まつた)く枯(な)へその右の目は全(まつた)く盲(つぶ)れん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ゼカリヤ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書