目次 前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

Old Testament「Book of Zechariah」
旧約聖書:ゼカリヤ書

第14章(CHAPTER 14)

  1. 視(み)よヱホバの日來(きた)る汝(なんぢ)の貨財(くわざい)奪(うば)はれて汝の中にて分(わか)たるべし
  2. 我(われ)萬國(ばんこく)の民を集めてヱルサレムを攻撃(せめうた)しめん邑(まち)は取られ家は掠(かす)められ婦女(をんな)は犯(をか)され邑(まち)の人の半(なかば)は捕(とら)へられてゆかん然(され)どその餘(ほか)の民は邑(まち)より絶(たゝ)れじ
  3. その時ヱホバ出(いで)きたりて其等(それら)の國人(くにびと)を攻撃(せめうち)たまはん在昔(むかし)その軍陣(いくさ)の日に戰(たゝか)ひたまひしごとくなるべし
  4. 其日(そのひ)にはヱルサレムの前に當(あた)りて東にあるところの橄欖山(かんらんざん)の上に彼の足(あし)立たん而(しか)して橄欖山(かんらんざん)その眞中(たゞなか)より西東に裂(さけ)て甚(はなは)だ大(おほい)なる谷を成(な)しその山の半(なかば)は北に半(なかば)は南に移るべし
  5. 汝(なんぢ)らは我(わが)山の谷に逃(にげ)いらん其(その)山の谷はアザルにまで及ぶべし汝らはユダの王ウジヤの世に地震を避(さけ)て逃(にげ)しごとくに逃(にげ)ん我神(わがかみ)ヱホバ來(きた)りたまはん諸(もろもろ)の聖者(せいしゃ)なんぢとともなるべし
  6. その日には光明(ひかり)なかるべく輝(かゞや)く者消(きえ)うすべし
  7. 茲(こゝ)に只一(たゞひとつ)の日あるべしヱホバこれを知(しり)たまふ是(これ)は晝(ひる)にもあらず夜にもあらず夕暮の頃に明(あかる)くなるべし
  8. その日に活(いけ)る水ヱルサレムより出(い)でその半(なかば)は東の海にその半(なかば)は西の海に流れん夏も冬も然(しか)あるべし
  9.  ヱホバ全地の王(わう)となりたまはん其日(そのひ)には只(たゞ)ヱホバのみ只(たゞ)その御名(みな)のみにならん
  10. 全地はアラバのごとくなりてゲバよりヱルサレムの南のリンモンまでの間のごとくなるべし而(しか)してヱルサレムは高くなりてその故(もと)の處(ところ)に立ちベニヤミンの門より第一の門の處(ところ)に及び隅(すみ)の門にいたりハナニエルの戍樓(やぐら)より王の酒[ぶね]倉までに渉(わた)るべし
  11. その中には人(ひと)住(すま)ん重(かさね)て呪詛(のろひ)あらじヱルサレムは安然(やすらか)に立(たつ)べし
  12.  ヱルサレムを攻撃(せめうち)し諸(もろもろ)の民にヱホバ災禍(わざはひ)を降(くだ)してこれを撃(うち)なやましたまふこと是(かく)のごとくなるべし即(すなは)ち彼らその足にて立(たち)をる中(うち)に肉(にく)腐(くさ)れ目(め)その孔(あな)の中にて腐(くさ)れ舌(した)その口の中にて腐(くさ)れん
  13. その日にはヱホバかれらをして大(おほい)に狼狽(あわて)しめたまはん彼らは各々(おのおの)人の手を執(とら)へん此(この)手と彼(かの)手(て)撃(うち)あふべし
  14. ユダもまたヱルサレムに於(おい)て戰ふべしその四周(まはり)の一切(すべて)の國人(くにびと)の財寳(ざいはう)金銀(きんぎん)衣服(いふく)など甚(はなは)だ多く聚(あつ)められん
  15. また馬(むま)騾(ら)駱駝(らくだ)驢馬(ろば)およびその諸營(しよえい)の一切(すべて)の家畜の蒙(かうむ)る災禍(わざはひ)もこの災禍(わざはひ)のごとくなるべし
  16.  ヱルサレムに攻(せめ)きたりし諸(もろもろ)の國人(くにびと)の遺(のこ)れる者はみな歳々(としどし)に上(のぼ)りきてその王なる萬軍(ばんぐん)のヱホバを拜(をが)み結茅(かりほずまひ)の節(いはひ)を守るにいたるべし
  17. 地上の諸族の中(うち)その王なる萬軍(ばんぐん)のヱホバを拜(をが)みにヱルサレムに上(のぼ)らざる者の上には凡(すべ)て雨ふらざるべし
  18. 例(たとへ)ばエジプトの族(やから)もし上り來(きた)らざる時はその上に雨ふらじヱホバその結茅(かりほずまひ)の節(いはひ)を守りに上らざる一切(すべて)の國人(くにびと)を撃(うち)なやます災禍(わざはひ)を之(これ)に降(くだ)したまふべし
  19. エジプトの罪(つみ)凡(すべ)て結茅(かりほずまひ)の節(いはひ)を守りに上り來(きた)らざる國人(くにびと)の罪(つみ)是(かく)のごとくなるべし
  20. その日には馬の鈴(すゞ)にまでヱホバに聖(きよし)としるさん又ヱホバの室(いへ)の鍋(なべ)は壇(だん)の前の鉢(はち)と等しかるべし
  21. ヱルサレムおよびユダの鍋(なべ)は都(すべ)て萬軍(ばんぐん)のヱホバの聖物(きよきもの)となるべし凡(およ)そ犠牲(いけにへ)を獻(さゝ)ぐる者は來(きた)りてこれを取り其(その)中にて祭肉(さいにく)を煮(に)ん其日(そのひ)には萬軍(ばんぐん)のヱホバの室(いへ)に最早(もはや)カナン人(びと)あらざるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ゼカリヤ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書