目次 前へ 次へ  1 2 3

Old Testament「Book of Zephaniah」
旧約聖書:ゼパニヤ書

第2章(CHAPTER 2)

  1. 汝等(なんぢら)羞恥(はぢ)を知(しら)ぬ民(たみ)早く自(みづか)ら内に省(かへり)みよ
  2. 夫日(かのひ)は糠粃(もみがら)の如(ごと)く過ぎさる然(され)ば詔言(みことのり)のいまだ行(おこな)はれざる先ヱホバの烈(はげし)き怒(いかり)のいまだ汝等に臨(のぞ)まざる先ヱホバの忿怒(いかり)の日のいまだ汝等にきたらざるさきに自(みづか)ら省(かへり)みるべし
  3. すべてヱホバの律法(おきて)を行(おこな)ふ斯地(このち)の遜(へりくだ)るものよ汝等ヱホバを求め公義(こうぎ)を求め謙遜(けんそん)を求めよ然(さ)すれば汝等ヱホバの忿怒(いかり)の日に或(あるひ)は匿(かく)さるゝことあらん
  4.  夫(それ)ガザは棄(すて)られアシケロンは荒(あれ)はてアシドドは白晝(まひる)に逐(おひ)はらはれエクロンは抜(ぬき)さらるべし
  5. 海邊(うみべ)に住(すめ)る者およびケレテの國民(くにびと)は禍(わざはひ)なるかなペリシテ人(びと)の國(くに)カナンよヱホバの言(ことば)なんぢらを攻(せ)む我なんぢを滅(ほろぼ)して住者(すむもの)なきに至らしむべし
  6. 海邊(うみべ)は必ず牧塲(まきば)となり牧者(ぼくしゃ)の洞(ほら)および羊(ひつじ)の牢(をり)そこに在(あら)ん
  7. 此地(このち)はユダの家の殘餘(のこ)れる者に歸(き)せん彼ら其處(そこ)にて草飼(か)ひ暮(くれ)に至ればアシケロンの家に臥(ふさ)んそは彼らの神ヱホバかれらを顧(かへり)みその俘囚(とらはれ)を歸(かへ)したまふべければなり
  8.  我すでにモアブの嘲弄(あざけり)とアンモンの子孫の罵言(のゝしり)を聞けり彼らはわが民を嘲(あざけ)り自(みづか)ら誇(ほこ)りて之(これ)が境界(さかひ)を侵(をか)せしなり
  9. 是故(このゆゑ)に萬軍(ばんぐん)のヱホバ、イスラエルの神(かみ)言(いひ)たまふ我は活(い)く必ずモアブはソドムのごとくになりアンモンの子孫はゴモラのごとくにならん是(これ)は共に蕁麻(いらくさ)の蔓延(はびこ)る處(ところ)となり鹽坑(しほあな)の地となりて長久(とこしなへ)に荒(あれ)はつべし我民(わがたみ)の遺(のこ)れる者かれらを掠(かす)めわが國民(くにびと)の餘(あま)されたる者かれらを獲(え)ん
  10. この事の彼らに臨(のぞ)むはその傲慢(たかぶり)による即(すなは)ち彼ら萬軍(ばんぐん)のヱホバの民を嘲(あざけ)りて自(みづか)ら誇(ほこ)りたればなり
  11. ヱホバは彼等に對(むか)ひては畏(おそ)ろしくましまし地の諸(もろもろ)の神を饑(うや)し滅(ほろぼ)したまふなり諸(もろもろ)の國(くに)の民おのおのその處(ところ)より出(いで)てヱホバを拜(をが)まん
  12.  エテオピア人(びと)よ汝等もまたわが劍(つるぎ)にかゝりて殺さる
  13. ヱホバ北に手を伸(のべ)てアツスリヤを滅(ほろぼ)したまはん亦(また)ニネベを荒(あら)して荒野(あれの)のごとき旱地(かわけるち)となしたまはん
  14. 而(しか)して畜(けもの)の群(むれ)もろもろの類(たぐひ)の生物(いきもの)その中(うち)に伏し[をすめどり]および[はりねづみ]其(その)柱の頂(いたゞき)に住み囀(さへづ)る者の聲(こゑ)窓の内にきこえ荒落(あれおち)たる物(もの)閾(しきみ)の上に積(つも)り香柏(かうはく)の板の細工(さいく)露顯(あらは)になるべし
  15. 是(この)邑(まち)は驕(おご)り傲(たか)ぶりて安泰(やすらか)に立(たち)をり唯(たゞ)我あり我の外(ほか)には誰もなしと心の中(うち)に言(いひ)つゝありし者なるが斯(かく)も荒(あれ)はてゝ畜獣(けもの)の臥(ふ)す處(ところ)となる者かな此(こゝ)を過(すぐ)る者はみな嘶(うそふ)きて手をふるはん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ゼパニヤ書 -
画面上へ 1章 2章 3章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書