目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

THE
ACTS OF THE APOSTLES
使徒行伝

第5章(CHAPTER 5)

  1. ところが、アナニヤという人とその妻サッピラとは共に資産を売ったが、
  2. 共謀して、その代金をごまかし、一部だけを持ってきて、使徒たちの足もとに置いた。
  3. そこで、ペテロが言った、「アナニヤよ、どうしてあなたは、自分の心をサタンに奪われて、聖霊を欺き、地所の代金をごまかしたのか。
  4. 売らずに残しておけば、あなたのものであり、売ってしまっても、あなたの自由になったはずではないか。どうして、こんなことをする気になったのか。あなたは人を欺いたのではなくて、神を欺いたのだ」。
  5. アナニヤはこの言葉を聞いているうちに、倒れて息が絶えた。このことを伝え聞いた人々は、みな非常なおそれを感じた。
  6. それから、若者たちが立って、その死体を包み、運び出して葬った。
  7. 三時間ばかりたってから、たまたま彼の妻が、この出来事を知らずに、はいってきた。
  8. そこで、ペテロが彼女にむかって言った、「あの地所は、これこれの値段で売ったのか。そのとおりか」。彼女は「そうです、その値段です」と答えた。
  9. ペテロは言った、「あなたがたふたりが、心を合わせて主の御霊(みたま)を試みるとは、何事であるか。見よ、あなたの夫を葬った人たちの足が、そこの門口にきている。あなたも運び出されるであろう」。
  10. すると女は、たちまち彼の足もとに倒れて、息が絶えた。そこに若者たちがはいってきて、女が死んでしまっているのを見、それを運び出してその夫のそばに葬った。
  11. 教会全体ならびにこれを伝え聞いた人たちは、みな非常なおそれを感じた。
  12. そのころ、多くのしるしと奇跡とが、次々に使徒たちの手により人々の中で行われた。そして、一同は心を一つにして、ソロモンの廊に集まっていた。
  13. ほかの者たちは、だれひとり、その交わりに入ろうとはしなかったが、民衆は彼らを尊敬していた。
  14. しかし、主を信じて仲間に加わる者が、男女とも、ますます多くなってきた。
  15. ついには、病人を大通りに運び出し、寝台や寝床の上に置いて、ペテロが通るとき、彼の影なりと、そのうちのだれかにかかるようにしたほどであった。
  16. またエルサレム附近の町々からも、大ぜいの人が、病人や汚れた霊に苦しめられている人たちを引き連れて、集まってきたが、その全部の者が、ひとり残らずいやされた。
  17. そこで、大祭司とその仲間の者、すなわち、サドカイ派の人たちが、みな嫉妬(しっと)の念に満たされて立ちあがり、
  18. 使徒たちに手をかけて捕え、公共の留置場に入れた。
  19. ところが夜、主の使が獄の戸を開き、彼らを連れ出して、言った、
  20. 「さあ行きなさい。そして、宮の庭に立ち、この命の言葉を漏れなく、人々に語りなさい」。
  21. 彼らはこれを聞き、夜明けごろ宮にはいって教えはじめた。一方では、大祭司とその仲間の者とが、集まってきて、議会とイスラエル人(びと)の長老一同とを召集し、使徒たちを引き出してこさせるために、人を獄につかわした。
  22. そこで、下役どもが行って見ると、使徒たちが獄にいないので、引き返して報告した、
  23. 「獄には、しっかりと錠がかけてあり、戸口には、番人が立っていました。ところが、あけて見たら、中にはだれもいませんでした」。
  24. 宮守がしらと祭司長たちとは、この報告を聞いて、これは、いったい、どんな事になるのだろうと、あわて惑っていた。
  25. そこへ、ある人がきて知らせた、「行ってごらんなさい。あなたがたが獄に入れたあの人たちが、宮の庭に立って、民衆を教えています」。
  26. そこで宮守がしらが、下役どもと一緒に出かけて行って、使徒たちを連れてきた。しかし、人々に石で打ち殺されるのを恐れて、手荒なことはせず、
  27. 彼らを連れてきて、議会の中に立たせた。すると、大祭司が問うて
  28. 言った、「あの名を使って教えてはならないと、きびしく命じておいたではないか。それだのに、なんという事だ。エルサレム中にあなたがたの教を、はんらんさせている。あなたがたは確かに、あの人の血の責任をわたしたちに負わせようと、たくらんでいるのだ」。
  29. これに対して、ペテロをはじめ使徒たちは言った、「人間に従うよりは、神に従うべきである。
  30. わたしたちの先祖の神は、あなたがたが木にかけて殺したイエスをよみがえらせ、
  31. そして、イスラエルを悔い改めさせてこれに罪のゆるしを与えるために、このイエスを導き手とし救主として、ご自身の右に上げられたのである。
  32. わたしたちはこれらのことの証人である。神がご自身に従う者に賜わった聖霊もまた、その証人である」。
  33. これを聞いた者たちは、激しい怒りのあまり、使徒たちを殺そうと思った。
  34. ところが、国民全体に尊敬されていた律法学者ガマリエルというパリサイ人(びと)が、議会で立って、使徒たちをしばらくのあいだ外に出すように要求してから、
  35. 一同にむかって言った、「イスラエルの諸君、あの人たちをどう扱うか、よく気をつけるがよい。
  36. 先ごろ、チゥダが起って、自分を何か偉い者のように言いふらしたため、彼に従った男の数が、四百人ほどもあったが、結局、彼は殺されてしまい、従った者もみな四散して、全く跡方もなくなっている。
  37. そののち、人口調査の時に、ガリラヤ人(びと)ユダが民衆を率いて反乱を起したが、この人も滅び、従った者もみな散らされてしまった。
  38. そこで、この際、諸君に申し上げる。あの人たちから手を引いて、そのなすままにしておきなさい。その企てや、しわざが、人間から出たものなら、自滅するだろう。
  39. しかし、もし神から出たものなら、あの人たちを滅ぼすことはできまい。まかり違えば、諸君は神を敵にまわすことになるかも知れない」。そこで彼らはその勧告にしたがい、
  40. 使徒たちを呼び入れて、むち打ったのち、今後イエスの名によって語ることは相成らぬと言いわたして、ゆるしてやった。
  41. 使徒たちは、御名(みな)のために恥を加えられるに足る者とされたことを喜びながら、議会から出てきた。
  42. そして、毎日、宮や家で、イエスがキリストであることを、引きつづき教えたり宣(の)べ伝えたりした。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):使徒行伝 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章
15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳