目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16

THE FIRST EPISTLE OF PAUL TO THE
CORINTHIANS
コリント人への第一の手紙

第2章(CHAPTER 2)

  1. 兄弟たちよ。わたしもまた、あなたがたの所に行ったとき、神のあかしを宣べ伝えるのに、すぐれた言葉や知恵を用いなかった。
  2. なぜなら、わたしはイエス・キリスト、しかも十字架につけられたキリスト以外のことは、あなたがたの間では何も知るまいと、決心したからである。
  3. わたしがあなたがたの所に行った時には、弱くかつ恐れ、ひどく不安であった。
  4. そして、わたしの言葉もわたしの宣教も、巧みな知恵の言葉によらないで、霊と力との証明によったのである。
  5. それは、あなたがたの信仰が人の知恵によらないで、神の力によるものとなるためであった。
  6. しかしわたしたちは、円熟している者の間では、知恵を語る。この知恵は、この世の者の知恵ではなく、この世の滅び行く支配者たちの知恵でもない。
  7. むしろ、わたしたちが語るのは、隠された奥義としての神の知恵である。それは神が、わたしたちの受ける栄光のために、世の始まらぬ先から、あらかじめ定めておかれたものである。
  8. この世の支配者たちのうちで、この知恵を知っていた者は、ひとりもいなかった。もし知っていたなら、栄光の主を十字架につけはしなかったであろう。
  9. しかし、聖書に書いてあるとおり、
       「目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、
       人の心に思い浮びもしなかったことを、
       神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた」
    のである。
  10. そして、それを神は、御霊(みたま)によってわたしたちに啓示して下さったのである。御霊はすべてのものをきわめ、神の深みまでもきわめるのだからである。
  11. いったい、人間の思いは、その内にある人間の霊以外に、だれが知っていようか。それと同じように神の思いも、神の御霊以外には、知るものはない。
  12. ところが、わたしたちが受けたのは、この世の霊ではなく、神からの霊である。それによって、神から賜わった恵みを悟るためである。
  13. この賜物について語るにも、わたしたちは人間の知恵が教える言葉を用いないで、御霊(みたま)の教える言葉を用い、霊によって霊のことを解釈するのである。
  14. 生れながらの人は、神の御霊の賜物を受けいれない。それは彼には愚かなものだからである。また、御霊によって判断されるべきであるから、彼はそれを理解することができない。
  15. しかし、霊の人は、すべてのものを判断するが、自分自身はだれからも判断されることはない。
  16. 「だれが主の思いを知って、彼を教えることができようか」。しかし、わたしたちはキリストの思いを持っている。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):コリント人への第一の手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章
9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳