目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16

THE FIRST EPISTLE OF PAUL TO THE
CORINTHIANS
コリント人への第一の手紙

第6章(CHAPTER 6)

  1. あなたがたの中のひとりが、仲間の者と何か争いを起した場合、それを聖徒に訴えないで、正しくない者に訴え出るようなことをするのか。
  2. それとも、聖徒は世をさばくものであることを、あなたがたは知らないのか。そして、世があなたがたによってさばかれるべきであるのに、きわめて小さい事件でもさばく力がないのか。
  3. あなたがたは知らないのか、わたしたちは御使(みつかい)をさえさばく者である。ましてこの世の事件などは、いうまでもないではないか。
  4. それだのに、この世の事件が起ると、教会で軽んじられている人たちを、裁判の席につかせるのか。
  5. わたしがこう言うのは、あなたがたをはずかしめるためである。いったい、あなたがたの中には、兄弟の間の争いを仲裁することができるほどの知者は、ひとりもいないのか。
  6. しかるに、兄弟が兄弟を訴え、しかもそれを不信者の前に持ち出すのか。
  7. そもそも、互に訴え合うこと自体が、すでにあなたがたの敗北なのだ。なぜ、むしろ不義を受けないのか。なぜ、むしろだまされていないのか。
  8. しかるに、あなたがたは不義を働き、だまし取り、しかも兄弟に対してそうしているのである。
  9. それとも、正しくない者が神の国をつぐことはないのを、知らないのか。まちがってはいけない。不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫(かんいん)をする者、男娼(だんしょう)となる者、男色をする者、盗む者、
  10. 貪欲(どんよく)な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者は、いずれも神の国をつぐことはないのである。
  11. あなたがたの中には、以前はそんな人もいた。しかし、あなたがたは、主イエス・キリストの名によって、またわたしたちの神の霊によって、洗われ、きよめられ、義とされたのである。
  12. すべてのことは、わたしに許されている。しかし、すべてのことが益になるわけではない。すべてのことは、わたしに許されている。しかし、わたしは何ものにも支配されることはない。
  13. 食物は腹のため、腹は食物のためである。しかし神は、それもこれも滅ぼすであろう。からだは不品行のためではなく、主のためであり、主はからだのためである。
  14. そして、神は主をよみがえらせたが、その力で、わたしたちをもよみがえらせて下さるであろう。
  15. あなたがたは自分のからだがキリストの肢体(したい)であることを、知らないのか。それだのに、キリストの肢体を取って遊女の肢体としてよいのか。断じていけない。
  16. それとも、遊女につく者はそれと一つのからだになることを、知らないのか。「ふたりの者は一体となるべきである」とあるからである。
  17. しかし主につく者は、主と一つの霊になるのである。
  18. 不品行を避けなさい。人の犯すすべての罪は、からだの外にある。しかし不品行をする者は、自分のからだに対して罪を犯すのである。
  19. あなたがたは知らないのか。自分のからだは、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって、あなたがたは、もはや自分自身のものではないのである。
  20. あなたがたは、代価を払って買いとられたのだ。それだから、自分のからだをもって、神の栄光をあらわしなさい。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):コリント人への第一の手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章
9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳