目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16

THE FIRST EPISTLE OF PAUL TO THE
CORINTHIANS
コリント人への第一の手紙

第14章(CHAPTER 14)

  1. 愛を追い求めなさい。また、霊の賜物を、ことに預言することを、熱心に求めなさい。
  2. 異言を語る者は、人にむかって語るのではなく、神にむかって語るのである。それはだれにもわからない。彼はただ、霊によって奥義を語っているだけである。
  3. しかし預言をする者は、人に語ってその徳を高め、彼を励まし、慰めるのである。
  4. 異言を語る者は自分だけの徳を高めるが、預言をする者は教会の徳を高める。
  5. わたしは実際、あなたがたひとり残らず異言を語ることを望むが、特に預言をしてもらいたい。教会の徳を高めるように異言を解かない限り、異言を語る者よりも、預言をする者の方がまさっている。
  6. だから、兄弟たちよ。たといわたしがあなたがたの所に行って異言を語るとしても、啓示か知識か預言か教かを語らなければ、あなたがたに、なんの役に立つだろうか。
  7. また、笛や立琴のような楽器でも、もしその音に変化がなければ、何を吹いているのか、弾いているのか、どうして知ることができようか。
  8. また、もしラッパがはっきりした音を出さないなら、だれが戦闘の準備をするだろうか。
  9. それと同様に、もしあなたがたが異言ではっきりしない言葉を語れば、どうしてその語ることがわかるだろうか。それでは、空にむかって語っていることになる。
  10. 世には多種多様の言葉があるだろうが、意味のないものは一つもない。
  11. もしその言葉の意味がわからないなら、語っている人にとっては、わたしは異国人であり、語っている人も、わたしにとっては異国人である。
  12. だから、あなたがたも、霊の賜物を熱心に求めている以上は、教会の徳を高めるために、それを豊かにいただくように励むがよい。
  13. このようなわけであるから、異言を語る者は、自分でそれを解くことができるように祈りなさい。
  14. もしわたしが異言をもって祈るなら、わたしの霊は祈るが、知性は実を結ばないからである。
  15. すると、どうしたらよいのか。わたしは霊で祈ると共に、知性でも祈ろう。霊でさんびを歌うと共に、知性でも歌おう。
  16. そうでないと、もしあなたが霊で祝福の言葉を唱えても、初心者の席にいる者は、あなたの感謝に対して、どうしてアァメンと言えようか。あなたが何を言っているのか、彼には通じない。
  17. 感謝するのは結構だが、それで、ほかの人の徳を高めることにはならない。
  18. わたしは、あなたがたのうちのだれよりも多く異言が語れることを、神に感謝する。
  19. しかし教会では、一万の言葉を異言で語るよりも、ほかの人たちをも教えるために、むしろ五つの言葉を知性によって語る方が願わしい。
  20. 兄弟たちよ。物の考えかたでは、子供となってはいけない。悪事については幼な子となるのはよいが、考えかたでは、おとなとなりなさい。
  21. 律法にこう書いてある、「わたしは、異国の舌と異国のくちびるとで、この民に語るが、それでも、彼らはわたしに耳を傾けない、と主が仰せになる」。
  22. このように、異言は信者のためではなく未信者のためのしるしであるが、預言は未信者のためではなく信者のためのしるしである。
  23. もし全教会が一緒に集まって、全員が異言を語っているところに、初心者か不信者かがはいってきたら、彼らはあなたがたを気違いだと言うだろう。
  24. しかし、全員が預言をしているところに、不信者か初心者がはいってきたら、彼の良心はみんなの者に責められ、みんなの者にさばかれ、
  25. その心の秘密があばかれ、その結果、ひれ伏して神を拝み、「まことに、神があなたがたのうちにいます」と告白するに至るであろう。
  26. すると、兄弟たちよ。どうしたらよいのか。あなたがたが一緒に集まる時、各自はさんびを歌い、教をなし、啓示を告げ、異言を語り、それを解くのであるが、すべては徳を高めるためにすべきである。
  27. もし異言を語る者があれば、ふたりか、多くて三人の者が、順々に語り、そして、ひとりがそれを解くべきである。
  28. もし解く者がいない時には、教会では黙っていて、自分に対しまた神に対して語っているべきである。
  29. 預言をする者の場合にも、ふたりか三人かが語り、ほかの者はそれを吟味すべきである。
  30. しかし、席にいる他の者が啓示を受けた場合には、初めの者は黙るがよい。
  31. あなたがたは、みんなが学びみんなが勧めを受けるために、ひとり残らず預言をすることができるのだから。
  32. かつ、預言者の霊は預言者に服従するものである。
  33. 神は無秩序の神ではなく、平和の神である。
    聖徒たちのすべての教会で行われているように、
  34. 婦人たちは教会では黙っていなければならない。彼らは語ることが許されていない。だから、律法も命じているように、服従すべきである。
  35. もし何か学びたいことがあれば、家で自分の夫に尋ねるがよい。教会で語るのは、婦人にとっては恥ずべきことである。
  36. それとも、神の言(ことば)はあなたがたのところから出たのか。あるいは、あなたがただけにきたのか。
  37. もしある人が、自分は預言者か霊の人であると思っているなら、わたしがあなたがたに書いていることは、主の命令だと認めるべきである。
  38. もしそれを無視する者があれば、その人もまた無視される。
  39. わたしの兄弟たちよ。このようなわけだから、預言することを熱心に求めなさい。また、異言を語ることを妨げてはならない。
  40. しかし、すべてのことを適宜に、かつ秩序を正して行うがよい。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):コリント人への第一の手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章
9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳