目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13

THE SECOND EPISTLE OF PAUL TO THE
CORINTHIANS
コリント人への第二の手紙

第2章(CHAPTER 2)

  1. そこでわたしは、あなたがたの所に再び悲しみをもって行くことはすまいと、決心したのである。
  2. もしあなたがたを悲しませるとすれば、わたしが悲しませているその人以外に、だれがわたしを喜ばせてくれるのか。
  3. このような事を書いたのは、わたしが行く時、わたしを喜ばせてくれるはずの人々から、悲しい思いをさせられたくないためである。わたし自身の喜びはあなたがた全体の喜びであることを、あなたがたすべてについて確信しているからである。
  4. わたしは大きな患難と心の憂いの中から、多くの涙をもってあなたがたに書きおくった。それは、あなたがたを悲しませるためではなく、あなたがたに対してあふれるばかりにいだいているわたしの愛を、知ってもらうためであった。
  5. しかし、もしだれかが人を悲しませたとすれば、それはわたしを悲しませたのではなく、控え目に言うが、ある程度、あなたがた一同を悲しませたのである。
  6. その人にとっては、多数の者から受けたあの処罰でもう十分なのだから、
  7. あなたがたはむしろ彼をゆるし、また慰めてやるべきである。そうしないと、その人はますます深い悲しみに沈むかも知れない。
  8. そこでわたしは、彼に対して愛を示すように、あなたがたに勧める。
  9. わたしが書きおくったのも、あなたがたがすべての事について従順であるかどうかを、ためすためにほかならなかった。
  10. もしあなたがたが、何かのことについて人をゆるすなら、わたしもまたゆるそう。そして、もしわたしが何かのことでゆるしたとすれば、それは、あなたがたのためにキリストのみまえでゆるしたのである。
  11. そうするのは、サタンに欺かれることのないためである。わたしたちは、彼の策略を知らないわけではない。
  12. さて、キリストの福音のためにトロアスに行ったとき、わたしのために主の門が開かれたにもかかわらず、
  13. 兄弟テトスに会えなかったので、わたしは気が気でなく、人々に別れて、マケドニヤに出かけて行った。
  14. しかるに、神は感謝すべきかな。神はいつもわたしたちをキリストの凱旋(がいせん)に伴い行き、わたしたちをとおしてキリストを知る知識のかおりを、至る所に放って下さるのである。
  15. わたしたちは、救われる者にとっても滅びる者にとっても、神に対するキリストのかおりである。
  16. 後者にとっては、死から死に至らせるかおりであり、前者にとっては、いのちからいのちに至らせるかおりである。いったい、このような任務に、だれが耐え得ようか。
  17. しかし、わたしたちは、多くの人のように神の言(ことば)を売物にせず、真心をこめて、神につかわされた者として神のみまえで、キリストにあって語るのである。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):コリント人への第二の手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章
8章 9章 10章 11章 12章 13章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳