目次 前へ 1  2  3  4  5  6

THE EPISTLE OF PAUL TO THE
EPHESIANS
エペソ人への手紙

第6章(CHAPTER 6)

  1. 子たる者よ。主にあって両親に従いなさい。これは正しいことである。
  2. 「あなたの父と母とを敬え」。これが第一の戒めであって、次の約束がそれについている、
  3. 「そうすれば、あなたは幸福になり、地上でながく生きながらえるであろう」。
  4. 父たる者よ。子供をおこらせないで、主の薫陶と訓戒とによって、彼らを育てなさい。
  5. 僕(しもべ)たる者よ。キリストに従うように、恐れおののきつつ、真心をこめて、肉による主人に従いなさい。
  6. 人にへつらおうとして目先だけの勤めをするのでなく、キリストの僕として心から神の御旨(みむね)を行い、
  7. 人にではなく主に仕えるように、快く仕えなさい。
  8. あなたがたが知っているとおり、だれでも良いことを行えば、僕であれ、自由人であれ、それに相当する報いを、それぞれ主から受けるであろう。
  9. 主人たる者よ。僕たちに対して、同様にしなさい。おどすことを、してはならない。あなたがたが知っているとおり、彼らとあなたがたとの主は天にいますのであり、かつ人をかたより見ることをなさらないのである。
  10. 最後に言う。主にあって、その偉大な力によって、強くなりなさい。
  11. 悪魔の策略に対抗して立ちうるために、神の武具で身を固めなさい。
  12. わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである。
  13. それだから、悪(あ)しき日にあたって、よく抵抗し、完全に勝ち抜いて、堅く立ちうるために、神の武具を身につけなさい。
  14. すなわち、立って真理の帯を腰にしめ、正義の胸当を胸につけ、
  15. 平和の福音の備えを足にはき、
  16. その上に、信仰のたてを手に取りなさい。それをもって、悪(あ)しき者の放つ火の矢を消すことができるであろう。
  17. また、救のかぶとをかぶり、御霊(みたま)の剣、すなわち、神の言(ことば)を取りなさい。
  18. 絶えず祈と願いをし、どんな時でも御霊によって祈り、そのために目をさましてうむことがなく、すべての聖徒のために祈りつづけなさい。
  19. また、わたしが口を開くときに語るべき言葉を賜わり、大胆に福音の奥義を明らかに示しうるように、わたしのためにも祈ってほしい。
  20. わたしはこの福音のための使節であり、そして鎖につながれているのであるが、つながれていても、語るべき時には大胆に語れるように祈ってほしい。
  21. わたしがどういう様子か、何をしているかを、あなたがたに知ってもらうために、主にあって忠実に仕えている愛する兄弟テキコが、いっさいの事を報告するであろう。
  22. 彼をあなたがたのもとに送るのは、あなたがたがわたしたちの様子を知り、また彼によって心に励ましを受けるようになるためなのである。
  23. 父なる神とわたしたちの主イエス・キリストから平安ならびに信仰に伴う愛が、兄弟たちにあるように。
  24. 変らない真実をもって、わたしたちの主イエス・キリストを愛するすべての人々に、恵みがあるように。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):エペソ人への手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳