目次 次へ 1  2  3  4  5  6

THE EPISTLE OF PAUL TO THE
GALATIANS
ガラテヤ人への手紙

第1章(CHAPTER 1)

  1. 人々からでもなく、人によってでもなく、イエス・キリストと彼を死人の中からよみがえらせた父なる神とによって立てられた使徒パウロ、
  2. ならびにわたしと共にいる兄弟たち一同から、ガラテヤの諸教会へ。
  3. わたしたちの父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。
  4. キリストは、わたしたちの父なる神の御旨(みむね)に従い、わたしたちを今の悪の世から救い出そうとして、ご自身をわたしたちの罪のためにささげられたのである。
  5. 栄光が世々限りなく神にあるように、アァメン。
  6. あなたがたがこんなにも早く、あなたがたをキリストの恵みの内へお招きになったかたから離れて、違った福音に落ちていくことが、わたしには不思議でならない。
  7. それは福音というべきものではなく、ただ、ある種の人々があなたがたをかき乱し、キリストの福音を曲げようとしているだけのことである。
  8. しかし、たといわたしたちであろうと、天からの御使(みつかい)であろうと、わたしたちが宣(の)べ伝えた福音に反することをあなたがたに宣べ伝えるなら、その人はのろわるべきである。
  9. わたしたちが前に言っておいたように、今わたしは重ねて言う。もしある人が、あなたがたの受けいれた福音に反することを宣べ伝えているなら、その人はのろわるべきである。
  10. 今わたしは、人に喜ばれようとしているのか、それとも、神に喜ばれようとしているのか。あるいは、人の歓心を買おうと努めているのか。もし、今もなお人の歓心を買おうとしているとすれば、わたしはキリストの僕(しもべ)ではあるまい。
  11. 兄弟たちよ。あなたがたに、はっきり言っておく。わたしが宣(の)べ伝えた福音は人間によるものではない。
  12. わたしは、それを人間から受けたのでも教えられたのでもなく、ただイエス・キリストの啓示によったのである。
  13. ユダヤ教を信じていたころのわたしの行動については、あなたがたはすでによく聞いている。すなわち、わたしは激しく神の教会を迫害し、また荒しまわっていた。
  14. そして、同国人の中でわたしと同年輩の多くの者にまさってユダヤ教に精進し、先祖たちの言伝えに対して、だれよりもはるかに熱心であった。
  15. ところが、母の胎内にある時からわたしを聖別し、み恵みをもってわたしをお召しになったかたが、
  16. 異邦人の間に宣べ伝えさせるために、御子(みこ)をわたしの内に啓示して下さった時、わたしは直ちに、血肉に相談もせず、
  17. また先輩の使徒たちに会うためにエルサレムにも上らず、アラビヤに出て行った。それから再びダマスコに帰った。
  18. その後三年たってから、わたしはケパをたずねてエルサレムに上り、彼のもとに十五日間、滞在した。
  19. しかし、主の兄弟ヤコブ以外には、ほかのどの使徒にも会わなかった。
  20. ここに書いていることは、神のみまえで言うが、決して偽りではない。
  21. その後、わたしはシリヤとキリキヤとの地方に行った。
  22. しかし、キリストにあるユダヤの諸教会には、顔を知られていなかった。
  23. ただ彼らは、「かつて自分たちを迫害した者が、以前には撲滅しようとしていたその信仰を、今は宣べ伝えている」と聞き、
  24. わたしのことで、神をほめたたえた。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ガラテヤ人への手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳