目次 前へ 1  2  3  4  5  6

THE EPISTLE OF PAUL TO THE
GALATIANS
ガラテヤ人への手紙

第6章(CHAPTER 6)

  1. 兄弟たちよ。もしある人が罪過に陥っていることがわかったなら、霊の人であるあなたがたは、柔和な心をもって、その人を正しなさい。それと同時に、もしか自分自身も誘惑に陥ることがありはしないかと、反省しなさい。
  2. 互に重荷を負い合いなさい。そうすれば、あなたがたはキリストの律法を全うするであろう。
  3. もしある人が、事実そうでないのに、自分が何か偉い者であるように思っているとすれば、その人は自分を欺いているのである。
  4. ひとりびとり、自分の行いを検討してみるがよい。そうすれば、自分だけには誇ることができても、ほかの人には誇れなくなるであろう。
  5. 人はそれぞれ、自分自身の重荷を負うべきである。
  6. 御言(みことば)を教えてもらう人は、教える人と、すべて良いものを分け合いなさい。
  7. まちがってはいけない。神は侮られるようなかたではない。人は自分のまいたものを、刈り取ることになる。
  8. すなわち、自分の肉にまく者は、肉から滅びを刈り取り、霊にまく者は、霊から永遠のいのちを刈り取るであろう。
  9. わたしたちは、善を行うことに、うみ疲れてはならない。たゆまないでいると、時が来れば刈り取るようになる。
  10. だから、機会のあるごとに、だれに対しても、とくに信仰の仲間に対して、善を行おうではないか。
  11. ごらんなさい。わたし自身いま筆をとって、こんなに大きい字で、あなたがたに書いていることを。
  12. いったい、肉において見えを飾ろうとする者たちは、キリスト・イエスの十字架のゆえに、迫害を受けたくないばかりに、あなたがたにしいて割礼を受けさせようとする。
  13. 事実、割礼のあるもの自身が律法を守らず、ただ、あなたがたの肉について誇りたいために、割礼を受けさせようとしているのである。
  14. しかし、わたし自身には、わたしたちの主イエス・キリストの十字架以外に、誇とするものは、断じてあってはならない。この十字架につけられて、この世はわたしに対して死に、わたしもこの世に対して死んでしまったのである。
  15. 割礼のあるなしは問題ではなく、ただ、新しく造られることこそ、重要なのである。
  16. この法則に従って進む人々の上に、平和とあわれみとがあるように。また、神のイスラエルの上にあるように。
  17. だれも今後は、わたしに煩いをかけないでほしい。わたしは、イエスの焼き印を身に帯びているのだから。
  18. 兄弟たちよ。わたしたちの主イエス・キリストの恵みが、あなたがたの霊と共にあるように、アァメン。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ガラテヤ人への手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳