目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13

THE EPISTLE OF PAUL TO THE
HEBREWS
ヘブル人への手紙

第10章(CHAPTER 10)

  1. いったい、律法はきたるべき良いことの影をやどすにすぎず、そのものの真のかたちをそなえているものではないから、年ごとに引きつづきささげられる同じようないけにえによっても、みまえに近づいて来る者たちを、全うすることはできないのである。
  2. もしできたとすれば、儀式にたずさわる者たちは、一度きよめられた以上、もはや罪の自覚がなくなるのであるから、ささげ物をすることがやまったはずではあるまいか。
  3. しかし実際は、年ごとに、いけにえによって罪の思い出がよみがえって来るのである。
  4. なぜなら、雄牛ややぎなどの血は、罪を除き去ることができないからである。
  5. それだから、キリストがこの世にこられたとき、次のように言われた、
       「あなたは、いけにえやささげ物を望まれないで、
       わたしのために、からだを備えて下さった。
  6.    あなたは、燔祭(はんさい)や罪祭を好まれなかった。
  7.    その時、わたしは言った、
       『神よ、わたしにつき、
       巻物の書物に書いてあるとおり、
       見よ、御旨(みむね)を行うためにまいりました』」。
  8. ここで、初めに、「あなたは、いけにえとささげ物と燔祭と罪祭と(すなわち、律法に従ってささげられるもの)を好まれず、好まれもしなかった」とあり、
  9. 次に、「見よ、わたしは御旨を行うためにまいりました」とある。すなわち、彼は、後のものを立てるために、初めのものを廃止されたのである。
  10. この御旨に基きただ一度イエス・キリストのからだがささげられたことによって、わたしたちはきよめられたのである。
  11. こうして、すべての祭司は立って日ごとに儀式を行い、たびたび同じようないけにえをささげるが、それらは決して罪を除き去ることはできない。
  12. しかるに、キリストは多くの罪のために一つの永遠のいけにえをささげた後、神の右に座し、
  13. それから、敵をその足台とするときまで、待っておられる。
  14. 彼は一つのささげ物によって、きよめられた者たちを永遠に全うされたのである。
  15. 聖霊もまた、わたしたちにあかしをして、
  16.    「わたしが、それらの日の後、
       彼らに対して立てようとする契約はこれであると、
       主が言われる。
       わたしの律法を彼らの心に与え、
       彼らの思いのうちに書きつけよう」
    と言い、
  17. さらに、「もはや、彼らの罪と彼らの不法とを、思い出すことはしない」と述べている。
  18. これらのことに対するゆるしがある以上、罪のためのささげ物は、もはやあり得ない。
  19. 兄弟たちよ。こういうわけで、わたしたちはイエスの血によって、はばかることなく聖所にはいることができ、
  20. 彼の肉体なる幕をとおり、わたしたちのために開いて下さった新しい生きた道をとおって、はいって行くことができるのであり、
  21. さらに、神の家を治める大いなる祭司があるのだから、
  22. 心はすすがれて良心のとがめを去り、からだは清い水で洗われ、まごころをもって信仰の確信に満たされつつ、みまえに近づこうではないか。
  23. また、約束をして下さったのは忠実なかたであるから、わたしたちの告白する望みを、動くことなくしっかりと持ち続け、
  24. 愛と善行とを励むように互に努め、
  25. ある人たちがいつもしているように、集会をやめることはしないで互に励まし、かの日が近づいているのを見て、ますます、そうしようではないか。
  26. もしわたしたちが、真理の知識を受けたのちにもなお、ことさらに罪を犯しつづけるなら、罪のためのいけにえは、もはやあり得ない。
  27. ただ、さばきと、逆らう者たちを焼きつくす激しい火とを、恐れつつ待つことだけがある。
  28. モーセの律法を無視する者が、あわれみを受けることなしに、二、三の人の証言に基いて死刑に処せられるとすれば、
  29. 神の子を踏みつけ、自分がきよめられた契約の血を汚れたものとし、さらに恵みの御霊(みたま)を侮る者は、どんなにか重い刑罰に価することであろう。
  30. 「復讐(ふくしゅう)はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と言われ、また「主はその民をさばかれる」と言われたかたを、わたしたちは知っている。
  31. 生ける神のみ手のうちに落ちるのは、恐ろしいことである。
  32. あなたがたは、光に照されたのち、苦しい大きな戦いによく耐えた初めのころのことを、思い出してほしい。
  33. そしられ苦しめられて見せ物にされたこともあれば、このようなめに会った人々の仲間にされたこともあった。
  34. さらに獄に入れられた人々を思いやり、また、もっとまさった永遠の宝を持っていることを知って、自分の財産が奪われても喜んでそれを忍んだ。
  35. だから、あなたがたは自分の持っている確信を放棄してはいけない。その確信には大きな報いが伴っているのである。
  36. 神の御旨(みむね)を行って約束のものを受けるため、あなたがたに必要なのは、忍耐である。
  37.    「もうしばらくすれば、
       きたるべきかたがお見えになる。
       遅くなることはない。
  38.    わが義人は、信仰によって生きる。
       もし信仰を捨てるなら、
       わたしのたましいはこれを喜ばない」。
  39. しかしわたしたちは、信仰を捨てて滅びる者ではなく、信仰に立って、いのちを得る者である。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ヘブル人への手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章
8章 9章 10章 11章 12章 13章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳