目次 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13

THE EPISTLE OF PAUL TO THE
HEBREWS
ヘブル人への手紙

第13章(CHAPTER 13)

  1. 兄弟愛を続けなさい。
  2. 旅人をもてなすことを忘れてはならない。このようにして、ある人々は、気づかないで御使(みつかい)たちをもてなした。
  3. 獄につながれている人たちを、自分も一緒につながれている心持で思いやりなさい。また、自分も同じ肉体にある者だから、苦しめられている人たちのことを、心にとめなさい。
  4. すべての人は、結婚を重んずべきである。また寝床を汚してはならない。神は、不品行な者や姦淫(かんいん)をする者をさばかれる。
  5. 金銭を愛することをしないで、自分の持っているもので満足しなさい。主は、「わたしは、決してあなたを離れず、あなたを捨てない」と言われた。
  6. だから、わたしたちは、はばからずに言おう、
       「主はわたしの助け主である。
       わたしには恐れはない。
       人は、わたしに何ができようか」。
  7. 神の言(ことば)をあなたがたに語った指導者たちのことを、いつも思い起しなさい。彼らの生活の最後を見て、その信仰にならいなさい。
  8. イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない。
  9. さまざまな違った教によって、迷わされてはならない。食物によらず、恵みによって、心を強くするがよい。食物によって歩いた者は、益を得ることがなかった。
  10. わたしたちには一つの祭壇がある。幕屋で仕えている者たちは、その祭壇の食物をたべる権利はない。
  11. なぜなら、大祭司によって罪のためにささげられるけものの血は、聖所のなかに携えて行かれるが、そのからだは、営所の外で焼かれてしまうからである。
  12. だから、イエスもまた、ご自分の血で民をきよめるために、門の外で苦難を受けられたのである。
  13. したがって、わたしたちも、彼のはずかしめを身に負い、営所の外に出て、みもとに行こうではないか。
  14. この地上には、永遠の都はない。きたらんとする都こそ、わたしたちの求めているものである。
  15. だから、わたしたちはイエスによって、さんびのいけにえ、すなわち、彼の御名(みな)をたたえるくちびるの実を、たえず神にささげようではないか。
  16. そして、善を行うことと施しをすることとを、忘れてはいけない。神は、このようないけにえを喜ばれる。
  17. あなたがたの指導者たちの言うことを聞きいれて、従いなさい。彼らは、神に言いひらきをすべき者として、あなたがたのたましいのために、目をさましている。彼らが嘆かないで、喜んでこのことをするようにしなさい。そうでないと、あなたがたの益にならない。
  18. わたしたちのために、祈ってほしい。わたしたちは明らかな良心を持っていると信じており、何事についても、正しく行動しようと願っている。
  19. わたしがあなたがたの所に早く帰れるため、祈ってくれるように、特にお願いする。
  20. 永遠の契約の血による羊の大牧者、わたしたちの主イエスを、死人の中から引き上げられた平和の神が、
  21. イエス・キリストによって、みこころにかなうことをわたしたちにして下さり、あなたがたが御旨(みむね)を行うために、すべての良きものを備えて下さるようにこい願う。栄光が、世々限りなく神にあるように、アァメン。
  22. 兄弟たちよ。どうかわたしの勧めの言葉を受けいれてほしい。わたしは、ただ手みじかに書いたのだから。
  23. わたしたちの兄弟テモテがゆるされたことを、お知らせする。もし彼が早く来れば、彼と一緒にわたしはあなたがたに会えるだろう。
  24. あなたがたの指導者一同と聖徒たち一同に、よろしく伝えてほしい。イタリヤからきた人々から、あなたがたによろしく。
  25. 恵みが、あなたがた一同にあるように。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ヘブル人への手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章
8章 9章 10章 11章 12章 13章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳