目次 前へ 1  2  3  4  5

THE GENERAL EPISTLE OF
JAMES
ヤコブの手紙

第5章(CHAPTER 5)

  1. 富んでいる人たちよ。よく聞きなさい。あなたがたは、自分の身に降りかかろうとしているわざわいを思って、泣き叫ぶがよい。
  2. あなたがたの富は朽ち果て、着物はむしばまれ、
  3. 金銀はさびている。そして、そのさびの毒は、あなたがたの罪を責め、あなたがたの肉を火のように食いつくすであろう。あなたがたは、終りの時にいるのに、なお宝をたくわえている。
  4. 見よ、あなたがたが労働者たちに畑の刈入れをさせながら、支払わずにいる賃銀が、叫んでいる。そして、刈入れをした人たちの叫び声が、すでに万軍の主の耳に達している。
  5. あなたがたは、地上でおごり暮し、快楽にふけり、「ほふらるる日」のために、おのが心を肥やしている。
  6. そして義人を罪に定め、これを殺した。しかも彼は、あなたがたに抵抗しない。
  7. だから、兄弟たちよ。主の来臨の時まで耐え忍びなさい。見よ、農夫は、地の尊い実りを、前の雨と後の雨とがあるまで、耐え忍んで待っている。
  8. あなたがたも、主の来臨が近づいているから、耐え忍びなさい。心を強くしていなさい。
  9. 兄弟たちよ。互に不平を言い合ってはならない。さばきを受けるかも知れないから。見よ、さばき主が、すでに戸口に立っておられる。
  10. 兄弟たちよ。苦しみを耐え忍ぶことについては、主の御名(みな)によって語った預言者たちを模範にするがよい。
  11. 忍び抜いた人たちはさいわいであると、わたしたちは思う。あなたがたは、ヨブの忍耐のことを聞いている。また、主が彼になさったことの結末を見て、主がいかに慈愛とあわれみとに富んだかたであるかが、わかるはずである。
  12. さて、わたしの兄弟たちよ。何はともあれ、誓いをしてはならない。天をさしても、地をさしても、あるいは、そのほかのどんな誓いによっても、いっさい誓ってはならない。むしろ、「しかり」を「しかり」とし、「否」を「否」としなさい。そうしないと、あなたがたは、さばきを受けることになる。
  13. あなたがたの中に、苦しんでいる者があるか。その人は、祈るがよい。喜んでいる者があるか。その人は、さんびするがよい。
  14. あなたがたの中に、病んでいる者があるか。その人は、教会の長老たちを招き、主の御名(みな)によって、オリブ油を注いで祈ってもらうがよい。
  15. 信仰による祈は、病んでいる人を救い、そして、主はその人を立ちあがらせて下さる。かつ、その人が罪を犯していたなら、それもゆるされる。
  16. だから、互に罪を告白し合い、また、いやされるようにお互のために祈りなさい。義人の祈は、大いに力があり、効果のあるものである。
  17. エリヤは、わたしたちと同じ人間であったが、雨が降らないようにと祈をささげたところ、三年六か月のあいだ、地上に雨が降らなかった。
  18. それから、ふたたび祈ったところ、天は雨を降らせ、地はその実をみのらせた。
  19. わたしの兄弟たちよ。あなたがたのうち、真理の道から踏み迷う者があり、だれかが彼を引きもどすなら、
  20. かように罪人(つみびと)を迷いの道から引きもどす人は、そのたましいを死から救い出し、かつ、多くの罪をおおうものであることを、知るべきである。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ヤコブの手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳