目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

THE GOSPEL ACCORDING TO
JOHN
ヨハネによる福音書

第12章(CHAPTER 12)

  1. 過越の祭の六日(むいか)まえに、イエスはベタニヤに行かれた。そこは、イエスが死人の中からよみがえらせたラザロのいた所である。
  2. イエスのためにそこで夕食の用意がされ、マルタは給仕をしていた。イエスと一緒に食卓についていた者のうちに、ラザロも加わっていた。
  3. その時、マリヤは高価で純粋なナルドの香油一斤を持ってきて、イエスの足にぬり、自分の髪の毛でそれをふいた。すると、香油のかおりが家にいっぱいになった。
  4. 弟子(でし)のひとりで、イエスを裏切ろうとしていたイスカリオテのユダが言った、
  5. 「なぜこの香油を三百デナリに売って、貧しい人たちに、施さなかったのか」。
  6. 彼がこう言ったのは、貧しい人たちに対する思いやりがあったからではなく、自分が盗人(ぬすびと)であり、財布(さいふ)を預かっていて、その中身をごまかしていたからであった。
  7. イエスは言われた、「この女のするままにさせておきなさい。わたしの葬りの日のために、それをとっておいたのだから。
  8. 貧しい人たちはいつもあなたがたと共にいるが、わたしはいつも共にいるわけではない」。
  9. 大ぜいのユダヤ人たちが、そこにイエスのおられるのを知って、押しよせてきた。それはイエスに会うためだけではなく、イエスが死人のなかから、よみがえらせたラザロを見るためでもあった。
  10. そこで祭司長たちは、ラザロも殺そうと相談した。
  11. それは、ラザロのことで、多くのユダヤ人が彼らを離れ去って、イエスを信じるに至ったからである。
  12. その翌日、祭にきていた大ぜいの群衆は、イエスがエルサレムにこられると聞いて、
  13. しゅろの枝を手にとり、迎えに出て行った。そして叫んだ、
     「ホサナ、
     主の御名(みな)によってきたる者に祝福あれ、
     イスラエルの王に」。
  14. イエスは、ろばの子を見つけて、その上に乗られた。それは
  15.  「シオンの娘よ、恐れるな。
     見よ、あなたの王が
     ろばの子に乗っておいでになる」
    と書いてあるとおりであった。
  16. 弟子(でし)たちは初めにはこのことを悟らなかったが、イエスが栄光を受けられた時に、このことがイエスについて書かれてあり、またそのとおりに、人々がイエスに対してしたのだということを、思い起した。
  17. また、イエスがラザロを墓から呼び出して、死人の中からよみがえらせたとき、イエスと一緒にいた群衆が、そのあかしをした。
  18. 群衆がイエスを迎えに出たのは、イエスがこのようなしるしを行われたことを、聞いていたからである。
  19. そこで、パリサイ人(びと)たちは互に言った、「何をしてもむだだった。世をあげて彼のあとを追って行ったではないか」。
  20.  祭で礼拝するために上ってきた人々のうちに、数人のギリシャ人がいた。
  21. 彼らはガリラヤのベツサイダ出であるピリポのところにきて、「君よ、イエスにお目にかかりたいのですが」と言って、頼んだ。
  22. ピリポはアンデレのところに行ってそのことを話し、アンデレとピリポは、イエスのもとに行って伝えた。
  23. すると、イエスは答えて言われた、「人の子が栄光を受ける時がきた。
  24. よくよくあなたがたに言っておく、一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる。
  25. 自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に至るであろう。
  26. もしわたしに仕えようとする人があれば、その人はわたしに従って来るがよい。そうすれば、わたしのおる所に、わたしに仕える者もまた、おるであろう。もしわたしに仕えようとする人があれば、その人を父は重んじて下さるであろう。
  27. 今わたしは心が騒いでいる。わたしはなんと言おうか。父よ、この時からわたしをお救い下さい。しかし、わたしはこのために、この時に至ったのです。
  28. 父よ、み名があがめられますように」。すると天から声があった、「わたしはすでに栄光をあらわした。そして、更にそれをあらわすであろう」。
  29. すると、そこに立っていた群衆がこれを聞いて、「雷がなったのだ」と言い、ほかの人たちは、「御使(みつかい)が彼に話しかけたのだ」と言った。
  30. イエスは答えて言われた、「この声があったのは、わたしのためではなく、あなたがたのためである。
  31. 今はこの世がさばかれる時である。今こそこの世の君は追い出されるであろう。
  32. そして、わたしがこの地から上げられる時には、すべての人をわたしのところに引きよせるであろう」。
  33. イエスはこう言って、自分がどんな死に方で死のうとしていたかを、お示しになったのである。
  34. すると群衆はイエスにむかって言った、「わたしたちは律法によって、キリストはいつまでも生きておいでになるのだ、と聞いていました。それだのに、どうして人の子は上げられねばならないと、言われるのですか。その人の子とは、だれのことですか」。
  35. そこでイエスは彼らに言われた、「もうしばらくの間、光はあなたがたと一緒にここにある。光がある間に歩いて、やみに追いつかれないようにしなさい。やみの中を歩く者は、自分がどこへ行くのかわかっていない。
  36. 光のある間に、光の子となるために、光を信じなさい」。 
     イエスはこれらのことを話してから、そこを立ち去って、彼らから身をお隠しになった。
  37. このように多くのしるしを彼らの前でなさったが、彼らはイエスを信じなかった。
  38. それは、預言者イザヤの次の言葉が成就するためである、「主よ、わたしたちの説くところを、だれが信じたでしょうか。また、主のみ腕はだれに示されたでしょうか」。
  39. こういうわけで、彼らは信じることができなかった。イザヤはまた、こうも言った、
  40. 「神は彼らの目をくらまし、心をかたくなになさった。それは、彼らが目で見ず、心で悟らず、悔い改めていやされることがないためである」。
  41. イザヤがこう言ったのは、イエスの栄光を見たからであって、イエスのことを語ったのである。
  42. しかし、役人たちの中にも、イエスを信じた者が多かったが、パリサイ人(びと)をはばかって、告白はしなかった。会堂から追い出されるのを恐れていたのである。
  43. 彼らは神のほまれよりも、人のほまれを好んだからである。
  44.  イエスは大声で言われた、「わたしを信じる者は、わたしを信じるのではなく、わたしをつかわされたかたを信じるのであり、
  45. また、わたしを見る者は、わたしをつかわされたかたを見るのである。
  46. わたしは光としてこの世にきた。それは、わたしを信じる者が、やみのうちにとどまらないようになるためである。
  47. たとい、わたしの言うことを聞いてそれを守らない人があっても、わたしはその人をさばかない。わたしがきたのは、この世をさばくためではなく、この世を救うためである。
  48. わたしを捨てて、わたしの言葉を受けいれない人には、その人をさばくものがある。わたしの語ったその言葉が、終りの日にその人をさばくであろう。
  49. わたしは自分から語ったのではなく、わたしをつかわされた父ご自身が、わたしの言うべきこと、語るべきことをお命じになったのである。
  50. わたしは、この命令が永遠の命であることを知っている。それゆえに、わたしが語っていることは、わたしの父がわたしに仰せになったことを、そのまま語っているのである」。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ヨハネによる福音書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳