目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

THE GOSPEL ACCORDING TO
LUKE
ルカによる福音書

第13章(CHAPTER 13)

  1. ちょうどその時、ある人々がきて、ピラトがガリラヤ人(びと)たちの血を流し、それを彼らの犠牲の血に混ぜたことを、イエスに知らせた。
  2. そこでイエスは答えて言われた、「それらのガリラヤ人が、そのような災難にあったからといって、他のすべてのガリラヤ人以上に罪が深かったと思うのか。
  3. あなたがたに言うが、そうではない。あなたがたも悔い改めなければ、みな同じように滅びるであろう。
  4. また、シロアムの塔が倒れたためにおし殺されたあの十八人は、エルサレムの他の全住民以上に罪の負債があったと思うか。
  5. あなたがたに言うが、そうではない。あなたがたも悔い改めなければ、みな同じように滅びるであろう」。
  6. それから、この譬(たとえ)を語られた、「ある人が自分のぶどう園にいちじくの木を植えて置いたので、実を捜しにきたが見つからなかった。
  7. そこで園丁に言った、『わたしは三年間も実を求めて、このいちじくの木のところにきたのだが、いまだに見あたらない。その木を切り倒してしまえ。なんのために、土地をむだにふさがせて置くのか』。
  8. すると園丁は答えて言った、『ご主人様、ことしも、そのままにして置いてください。そのまわりを掘って肥料をやって見ますから。
  9. それで来年実がなりましたら結構です。もしそれでもだめでしたら、切り倒してください』」。
  10. 安息日に、ある会堂で教えておられると、
  11. そこに十八年間も病気の霊につかれ、かがんだままで、からだを伸ばすことの全くできない女がいた。
  12. イエスはこの女を見て、呼びよせ、「女よ、あなたの病気はなおった」と言って、
  13. 手をその上に置かれた。すると立ちどころに、そのからだがまっすぐになり、そして神をたたえはじめた。
  14. ところが会堂司(かいどうづかさ)は、イエスが安息日に病気をいやされたことを憤り、群衆にむかって言った、「働くべき日は六日(むいか)ある。その間に、なおしてもらいにきなさい。安息日にはいけない」。
  15. 主はこれに答えて言われた、「偽善者たちよ、あなたがたはだれでも、安息日であっても、自分の牛やろばを家畜小屋から解いて、水を飲ませに引き出してやるではないか。
  16. それなら、十八年間もサタンに縛られていた、アブラハムの娘であるこの女を、安息日であっても、その束縛から解いてやるべきではなかったか」。
  17. こう言われたので、イエスに反対していた人たちはみな恥じ入った。そして群衆はこぞって、イエスがなされたすべてのすばらしいみわざを見て喜んだ。
  18. そこで言われた、「神の国は何に似ているか。またそれを何にたとえようか。
  19. 一粒のからし種のようなものである。ある人がそれを取って庭にまくと、育って木となり、空の鳥もその枝に宿るようになる」。
  20. また言われた、「神の国を何にたとえようか。
  21. パン種のようなものである。女がそれを取って三斗の粉の中に混ぜると、全体がふくらんでくる」。
  22. さてイエスは教えながら町々村々を通り過ぎ、エルサレムへと旅を続けられた。
  23. すると、ある人がイエスに、「主よ、救われる人は少ないのですか」と尋ねた。
  24. そこでイエスは人々にむかって言われた、「狭い戸口からはいるように努めなさい。事実、はいろうとしても、はいれない人が多いのだから。
  25. 家の主人が立って戸を閉じてしまってから、あなたがたが外に立ち戸をたたき始めて、『ご主人様、どうぞあけてください』と言っても、主人はそれに答えて、『あなたがたがどこからきた人なのか、わたしは知らない』と言うであろう。
  26. そのとき、『わたしたちはあなたとご一緒に飲み食いしました。また、あなたはわたしたちの大通りで教えてくださいました』と言い出しても、
  27. 彼は、『あなたがたがどこからきた人なのか、わたしは知らない。悪事を働く者どもよ、みんな行ってしまえ』と言うであろう。
  28. あなたがたは、アブラハム、イサク、ヤコブやすべての預言者たちが、神の国にはいっているのに、自分たちは外に投げ出されることになれば、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。
  29. それから人々が、東から西から、また南から北からきて、神の国で宴会の席につくであろう。
  30. こうしてあとのもので先になるものがあり、また、先のものであとになるものもある」。
  31. ちょうどその時、あるパリサイ人(びと)たちが、イエスに近寄ってきて言った、「ここから出て行きなさい。ヘロデがあなたを殺そうとしています」。
  32. そこで彼らに言われた、「あのきつねのところへ行ってこう言え、『見よ、わたしはきょうもあすも悪霊を追い出し、また、病気をいやし、そして三日目にわざを終えるであろう。
  33. しかし、きょうもあすも、またその次の日も、わたしは進んで行かねばならない。預言者がエルサレム以外の地で死ぬことは、あり得ないからである』。
  34. ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人々を石で打ち殺す者よ。ちょうどめんどりが翼の下にひなを集めるように、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。
  35. 見よ、おまえたちの家は見捨てられてしまう。わたしは言っておく、
       『主の名によってきたるものに、祝福あれ』
    とおまえたちが言う時の来るまでは、再びわたしに会うことはないであろう」。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ルカによる福音書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章
13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳