目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

THE GOSPEL ACCORDING TO
LUKE
ルカによる福音書

第20章(CHAPTER 20)

  1. ある日、イエスが宮で人々に教え福音を宣(の)べておられると、祭司長や律法学者たちが、長老たちと共に近寄ってきて、
  2. イエスに言った、「何の権威によってこれらの事をするのですか。そうする権威をあなたに与えたのはだれですか、わたしたちに言ってください」。
  3. そこで、イエスは答えて言われた、「わたしも、ひと言たずねよう。それに答えてほしい。
  4. ヨハネのバプテスマは、天からであったか、人からであったか」。
  5. 彼らは互に論じて言った、「もし天からだと言えば、では、なぜ彼を信じなかったのか、とイエスは言うだろう。
  6. しかし、もし人からだと言えば、民衆はみな、ヨハネを預言者だと信じているから、わたしたちを石で打つだろう」。
  7. それで彼らは「どこからか、知りません」と答えた。
  8. イエスはこれに対して言われた、「わたしも何の権威によってこれらの事をするのか、あなたがたに言うまい」。
  9. そこでイエスは次の譬(たとえ)を民衆に語り出された、「ある人がぶどう園を造って農夫たちに貸し、長い旅に出た。
  10. 季節になったので、農夫たちのところへ、ひとりの僕(しもべ)を送って、ぶどう園の収穫の分け前を出させようとした。ところが、農夫たちは、その僕を袋だたきにし、から手で帰らせた。
  11. そこで彼はもうひとりの僕を送った。彼らはその僕も袋だたきにし、侮辱を加えて、から手で帰らせた。
  12. そこで更に三人目の者を送ったが、彼らはこの者も、傷を負わせて追い出した。
  13. ぶどう園の主人は言った、『どうしようか。そうだ、わたしの愛子(あいし)をつかわそう。これなら、たぶん敬ってくれるだろう』。
  14. ところが、農夫たちは彼を見ると、『あれはあと取りだ。あれを殺してしまおう。そうしたら、その財産はわれわれのものになるのだ』と互に話し合い、
  15. 彼をぶどう園の外に追い出して殺した。そのさい、ぶどう園の主人は、彼らをどうするだろうか。
  16. 彼は出てきて、この農夫たちを殺し、ぶどう園を他の人々に与えるであろう」。人々はこれを聞いて、「そんなことがあってはなりません」と言った。
  17. そこで、イエスは彼らを見つめて言われた、「それでは、
       『家造りらの捨てた石が、
        隅(すみ)のかしら石になった』
    と書いてあるのは、どういうことか。
  18. すべてその石の上に落ちる者は打ち砕かれ、それがだれかの上に落ちかかるなら、その人はこなみじんにされるであろう」。
  19. このとき、律法学者たちや祭司長たちはイエスに手をかけようと思ったが、民衆を恐れた。いまの譬(たとえ)が自分たちに当てて語られたのだと、悟ったからである。
  20. そこで、彼らは機会をうかがい、義人を装うまわし者どもを送って、イエスを総督の支配と権威とに引き渡すため、その言葉じりを捕えさせようとした。
  21. 彼らは尋ねて言った、「先生、わたしたちは、あなたの語り教えられることが正しく、また、あなたは分け隔てをなさらず、真理に基いて神の道を教えておられることを、承知しています。
  22. ところで、カイザルに貢(みつぎ)を納めてよいでしょうか、いけないでしょうか」。
  23. イエスは彼らの悪巧みを見破って言われた、
  24. 「デナリを見せなさい。それにあるのは、だれの肖像、だれの記号なのか」。「カイザルのです」と、彼らが答えた。
  25. するとイエスは彼らに言われた、「それなら、カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい」。
  26. そこで彼らは、民衆の前でイエスの言葉じりを捕えることができず、その答に驚嘆して、黙ってしまった。
  27. 復活ということはないと言い張っていたサドカイ人(びと)のある者たちが、イエスに近寄ってきて質問した、
  28. 「先生、モーセは、わたしたちのためにこう書いています。『もしある人の兄が妻をめとり、子がなくて死んだなら、弟はこの女をめとって、兄のために子をもうけねばならない』。
  29. ところで、ここに七人の兄弟がいました。長男は妻をめとりましたが、子がなくて死に、
  30. そして次男、三男と、次々に、その女をめとり、
  31. 七人とも同様に、子をもうけずに死にました。
  32. のちに、その女も死にました。
  33. さて、復活の時には、この女は七人のうち、だれの妻になるのですか。七人とも彼女を妻にしたのですが」。
  34. イエスは彼らに言われた、「この世の子らは、めとったり、とついだりするが、
  35. かの世にはいって死人からの復活にあずかるにふさわしい者たちは、めとったり、とついだりすることはない。
  36. 彼らは天使に等しいものであり、また復活にあずかるゆえに、神の子でもあるので、もう死ぬことはあり得ないからである。
  37. 死人がよみがえることは、モーセも柴(しば)の編(へん)で、主を『アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神』と呼んで、これを示した。
  38. 神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である。人はみな神に生きるものだからである」。
  39. 律法学者のうちのある人々が答えて言った、「先生、仰せのとおりです」。
  40. 彼らはそれ以上何もあえて問いかけようとしなかった。
  41. イエスは彼らに言われた、「どうして人々はキリストをダビデの子だと言うのか。
  42. ダビデ自身が詩篇(しへん)の中で言っている、
       『主はわが主に仰せになった、
  43.     あなたの敵をあなたの足台とする時までは、
        わたしの右に座していなさい』。
  44. このように、ダビデはキリストを主と呼んでいる。それなら、どうしてキリストはダビデの子であろうか」。
  45. 民衆がみな聞いているとき、イエスは弟子(でし)たちに言われた、
  46. 「律法学者に気をつけなさい。彼らは長い衣を着て歩くのを好み、広場での敬礼や会堂の上席や宴会の上座をよろこび、
  47. やもめたちの家を食い倒し、見えのために長い祈をする。彼らはもっときびしいさばきを受けるであろう」。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ルカによる福音書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章
13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳