目次 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

THE GOSPEL ACCORDING TO
LUKE
ルカによる福音書

第24章(CHAPTER 24)

  1. 週の初めの日、夜明け前に、女たちは用意しておいた香料を携えて、墓に行った。
  2. ところが、石が墓からころがしてあるので、
  3. 中にはいってみると、主イエスのからだが見当らなかった。
  4. そのため途方にくれていると、見よ、輝いた衣を着たふたりの者が、彼らに現れた。
  5. 女たちは驚き恐れて、顔を地に伏せていると、このふたりの者が言った、「あなたがたは、なぜ生きた方を死人の中にたずねているのか。
  6. そのかたは、ここにはおられない。よみがえられたのだ。まだガリラヤにおられたとき、あなたがたにお話しになったことを思い出しなさい。
  7. すなわち、人の子は必ず罪人(つみびと)らの手に渡され、十字架につけられ、そして三日目によみがえる、と仰せられたではないか」。
  8. そこで女たちはその言葉を思い出し、
  9. 墓から帰って、これらいっさいのことを、十一弟子(でし)や、その他みんなの人に報告した。
  10. この女たちというのは、マグダラのマリヤ、ヨハンナ、およびヤコブの母マリヤであった。彼女たちと一緒にいたほかの女たちも、このことを使徒たちに話した。
  11. ところが、使徒たちには、それが愚かな話のように思われて、それを信じなかった。
  12. [ペテロは立って墓へ走って行き、かがんで中を見ると、亜麻布だけがそこにあったので、事の次第を不思議に思いながら帰って行った。]
  13. この日、ふたりの弟子が、エルサレムから七マイルばかり離れたエマオという村へ行きながら、
  14. このいっさいの出来事について互に語り合っていた。
  15. 語り合い論じ合っていると、イエスご自身が近づいてきて、彼らと一緒に歩いて行かれた。
  16. しかし、彼らの目がさえぎられて、イエスを認めることができなかった。
  17. イエスは彼らに言われた、「歩きながら互に語り合っているその話は、なんのことなのか」。彼らは悲しそうな顔をして立ちどまった。
  18. そのひとりのクレオパという者が、答えて言った、「あなたはエルサレムに泊まっていながら、あなただけが、この都でこのごろ起ったことをご存じないのですか」。
  19. 「それは、どんなことか」と言われると、彼らは言った、「ナザレのイエスのことです。あのかたは、神とすべての民衆との前で、わざにも言葉にも力ある預言者でしたが、
  20. 祭司長たちや役人たちが、死刑に処するために引き渡し、十字架につけたのです。
  21. わたしたちは、イスラエルを救うのはこの人であろうと、望みをかけていました。しかもその上に、この事が起ってから、きょうが三日目なのです。
  22. ところが、わたしたちの仲間である数人の女が、わたしたちを驚かせました。というのは、彼らが朝早く墓に行きますと、
  23. イエスのからだが見当らないので、帰ってきましたが、そのとき御使(みつかい)が現れて、『イエスは生きておられる』と告げたと申すのです。
  24. それで、わたしたちの仲間が数人、墓に行って見ますと、果して女たちが言ったとおりで、イエスは見当りませんでした」。
  25. そこでイエスが言われた、「ああ、愚かで心のにぶいため、預言者たちが説いたすべての事を信じられない者たちよ。
  26. キリストは必ず、これらの苦難を受けて、その栄光に入るはずではなかったのか」。
  27. こう言って、モーセやすべての預言者からはじめて、聖書全体にわたり、ご自身についてしるしてある事どもを、説きあかされた。
  28. それから、彼らは行こうとしていた村に近づいたが、イエスがなお先へ進み行かれる様子であった。
  29. そこで、しいて引き止めて言った、「わたしたちと一緒にお泊まり下さい。もう夕暮になっており、日もはや傾いています」。イエスは、彼らと共に泊まるために、家にはいられた。
  30. 一緒に食卓につかれたとき、パンを取り、祝福してさき、彼らに渡しておられるうちに、
  31. 彼らの目が開けて、それがイエスであることがわかった。すると、み姿が見えなくなった。
  32. 彼らは互に言った、「道々お話しになったとき、また聖書を説き明してくださったとき、お互の心が内に燃えたではないか」。
  33. そして、すぐに立ってエルサレムに帰って見ると、十一弟子(でし)とその仲間が集まっていて、
  34. 「主は、ほんとうによみがえって、シモンに現れなさった」と言っていた。
  35. そこでふたりの者は、途中であったことや、パンをおさきになる様子でイエスだとわかったことなどを話した。
  36. こう話していると、イエスが彼らの中にお立ちになった。[そして「やすかれ」と言われた。]
  37. 彼らは恐れ驚いて、霊を見ているのだと思った。
  38. そこでイエスが言われた、「なぜおじ惑っているのか。どうして心に疑いを起すのか。
  39. わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしなのだ。さわって見なさい。霊には肉や骨はないが、あなたがたが見るとおり、わたしにはあるのだ」。
  40. [こう言って、手と足とをお見せになった。]
  41. 彼らは喜びのあまり、まだ信じられないで不思議に思っていると、イエスが「ここに何か食物があるか」と言われた。
  42. 彼らが焼いた魚の一きれをさしあげると、
  43. イエスはそれを取って、みんなの前で食べられた。
  44. それから彼らに対して言われた、「わたしが以前あなたがたと一緒にいた時分に話して聞かせた言葉は、こうであった。すなわち、モーセの律法と預言書と詩篇(しへん)とに、わたしについて書いてあることは、必ずことごとく成就する」。
  45. そこでイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて
  46. 言われた、「こう、しるしてある。キリストは苦しみを受けて、三日目に死人の中からよみがえる。
  47. そして、その名によって罪のゆるしを得させる悔改めが、エルサレムからはじまって、もろもろの国民に宣(の)べ伝えられる。
  48. あなたがたは、これらの事の証人である。
  49. 見よ、わたしの父が約束されたものを、あなたがたに贈る。だから、上から力を授けられるまでは、あなたがたは都にとどまっていなさい」。
  50. それから、イエスは彼らをベタニヤの近くまで連れて行き、手をあげて彼らを祝福された。
  51. 祝福しておられるうちに、彼らを離れて、[天にあげられた。]
  52. 彼らは[イエスを拝し、]非常な喜びをもってエルサレムに帰り、
  53. 絶えず宮にいて、神をほめたたえていた。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ルカによる福音書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章
13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳