目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

THE GOSPEL ACCORDING TO
MATTHEW
マタイによる福音書

第9章(CHAPTER 9)

  1. さて、イエスは舟に乗って海を渡り、自分の町に帰られた。
  2. すると、人々が中風(ちゅうぶ)の者を床の上に寝かせたままでみもとに運んできた。イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、しっかりしなさい。あなたの罪はゆるされたのだ」と言われた。
  3. すると、ある律法学者たちが心の中で言った、「この人は神を汚している」。
  4. イエスは彼らの考えを見抜いて、「なぜ、あなたがたは心の中で悪いことを考えているのか。
  5. あなたの罪はゆるされた、と言うのと、起きて歩け、と言うのと、どちらがたやすいか。
  6. しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と言い、中風の者にむかって、「起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言われた。
  7. すると彼は起きあがり、家に帰って行った。
  8. 群衆はそれを見て恐れ、こんな大きな権威を人にお与えになった神をあがめた。
  9. さてイエスはそこから進んで行かれ、マタイという人が収税所にすわっているのを見て、「わたしに従ってきなさい」と言われた。すると彼は立ちあがって、イエスに従った。
  10. それから、イエスが家で食事の席についておられた時のことである。多くの取税人や罪人(つみびと)たちがきて、イエスや弟子(でし)たちと共にその席に着いていた。
  11. パリサイ人(びと)たちはこれを見て、弟子たちに言った、「なぜ、あなたがたの先生は、取税人や罪人などと食事を共にするのか」。
  12. イエスはこれを聞いて言われた、「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である。
  13. 『わたしが好むのは、あわれみであって、いけにえではない』とはどういう意味か、学んできなさい。わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである」。
  14. そのとき、ヨハネの弟子たちがイエスのところにきて言った、「わたしたちとパリサイ人たちとが断食をしているのに、あなたの弟子たちは、なぜ断食をしないのですか」。
  15. するとイエスは言われた、「婚礼の客は、花婿が一緒にいる間は、悲しんでおられようか。しかし、花婿が奪い去られる日が来る。その時には断食をするであろう。
  16. だれも、真新しい布ぎれで、古い着物につぎを当てはしない。そのつぎきれは着物を引き破り、そして、破れがもっとひどくなるから。
  17. だれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。もしそんなことをしたら、その皮袋は張り裂け、酒は流れ出るし、皮袋もむだになる。だから、新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである。そうすれば両方とも長もちがするであろう」。
  18. これらのことを彼らに話しておられると、そこにひとりの会堂司(かいどうづかさ)がきて、イエスを拝して言った、「わたしの娘がただ今死にました。しかしおいでになって手をその上においてやって下さい。そうしたら、娘は生き返るでしょう」。
  19. そこで、イエスが立って彼について行かれると、弟子たちも一緒に行った。
  20. するとそのとき、十二年間も長血(ながち)をわずらっている女が近寄ってきて、イエスのうしろからみ衣のふさにさわった。
  21. み衣にさわりさえすれば、なおしていただけるだろう、と心の中で思っていたからである。
  22. イエスは振り向いて、この女を見て言われた、「娘よ、しっかりしなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです」。するとこの女はその時に、いやされた。
  23. それからイエスは司(つかさ)の家に着き、笛吹きどもや騒いでいる群衆を見て言われた。
  24. 「あちらへ行っていなさい。少女は死んだのではない。眠っているだけである」。すると人々はイエスをあざ笑った。
  25. しかし、群衆を外へ出したのち、イエスは内へはいって、少女の手をお取りになると、少女は起きあがった。
  26. そして、そのうわさがこの地方全体にひろまった。
  27. そこから進んで行かれると、ふたりの盲人が、「ダビデの子よ、わたしたちをあわれんで下さい」と叫びながら、イエスについてきた。
  28. そしてイエスが家にはいられると、盲人たちがみもとにきたので、彼らに「わたしにそれができると信じるか」と言われた。彼らは言った、「主よ、信じます」。
  29. そこで、イエスは彼らの目にさわって言われた、「あなたがたの信仰どおり、あなたがたの身になるように」。
  30. すると彼らの目が開かれた。イエスは彼らをきびしく戒めて言われた、「だれにも知れないように気をつけなさい」。
  31. しかし、彼らは出て行って、その地方全体にイエスのことを言いひろめた。
  32. 彼らが出て行くと、人々は悪霊につかれたおしをイエスのところに連れてきた。
  33. すると、悪霊は追い出されて、おしが物を言うようになった。群衆は驚いて、「このようなことがイスラエルの中で見られたことは、これまで一度もなかった」と言った。
  34. しかし、パリサイ人(びと)たちは言った、「彼は、悪霊どものかしらによって悪霊どもを追い出しているのだ」。
  35. イエスは、すべての町々村々を巡り歩いて、諸会堂で教え、御国(みくに)の福音を宣(の)べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをおいやしになった。
  36. また群衆が飼う者のない羊のように弱り果てて、倒れているのをごらんになって、彼らを深くあわれまれた。
  37. そして弟子(でし)たちに言われた、「収穫は多いが、働き人が少ない。
  38. だから、収穫の主に願って、その収穫のために働き人を送り出すようにしてもらいなさい」。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):マタイによる福音書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章
15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳