目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5

THE FIRST GENERAL EPISTLE OF
PETER
ペテロの第一の手紙

第3章(CHAPTER 3)

  1. 同じように、妻たる者よ。夫に仕えなさい。そうすれば、たとい御言(みことば)に従わない夫であっても、
  2. あなたがたのうやうやしく清い行いを見て、その妻の無言の行いによって、救に入れられるようになるであろう。
  3. あなたがたは、髪を編み、金の飾りをつけ、服装をととのえるような外面の飾りではなく、
  4. かくれた内なる人、柔和で、しとやかな霊という朽ちることのない飾りを、身につけるべきである。これこそ、神のみまえに、きわめて尊いものである。
  5. むかし、神を仰ぎ望んでいた聖なる女たちも、このように身を飾って、その夫に仕えたのである。
  6. たとえば、サラはアブラハムに仕えて、彼を主と呼んだ。あなたがたも、何事にもおびえ臆することなく善を行えば、サラの娘たちとなるのである。
  7. 夫たる者よ。あなたがたも同じように、女は自分よりも弱い器であることを認めて、知識に従って妻と共に住み、いのちの恵みを共どもに受け継ぐ者として、尊びなさい。それは、あなたがたの祈が妨げられないためである。
  8. 最後に言う。あなたがたは皆、心をひとつにし、同情し合い、兄弟愛をもち、あわれみ深くあり、謙虚でありなさい。
  9. 悪をもって悪に報いず、悪口をもって悪口に報いず、かえって、祝福をもって報いなさい。あなたがたが召されたのは、祝福を受け継ぐためなのである。
  10.    「いのちを愛し、
       さいわいな日々を過ごそうと願う人は、
       舌を制して悪を言わず、
       くちびるを閉じて偽りを語らず、
  11.    悪を避けて善を行い、
      平和を求めて、これを追え。
  12.    主の目は義人たちに注がれ、
       主の耳は彼らの祈にかたむく。
       しかし主の御顔(みかお)は、悪を行う者に対して向かう」。
  13. そこで、もしあなたがたが善に熱心であれば、だれが、あなたがたに危害を加えようか。
  14. しかし、万一義のために苦しむようなことがあっても、あなたがたはさいわいである。彼らを恐れたり、心を乱したりしてはならない。
  15. ただ、心の中でキリストを主とあがめなさい。また、あなたがたのうちにある望みについて説明を求める人には、いつでも弁明のできる用意をしていなさい。
  16. しかし、やさしく、慎み深く、明らかな良心をもって、弁明しなさい。そうすれば、あなたがたがキリストにあって営んでいる良い生活をそしる人々も、そのようにののしったことを恥じいるであろう。
  17. 善をおこなって苦しむことは−−それが神の御旨(みむね)であれば−−悪をおこなって苦しむよりも、まさっている。
  18. キリストも、あなたがたを神に近づけようとして、自らは義なるかたであるのに、不義なる人々のために、ひとたび罪のゆえに死なれた。ただし、肉においては殺されたが、霊においては生かされたのである。
  19. こうして、彼は獄に捕われている霊どものところに下って行き、宣(の)べ伝えることをされた。
  20. これらの霊というのは、むかしノアの箱舟が造られていた間、神が寛容をもって待っておられたのに従わなかった者どものことである。その箱舟に乗り込み、水を経て救われたのは、わずかに八名だけであった。
  21. この水はバプテスマを象徴するものであって、今やあなたがたをも救うのである。それは、イエス・キリストの復活によるのであって、からだの汚れを除くことではなく、明らかな良心を神に願い求めることである。
  22. キリストは天に上って神の右に座し、天使たちともろもろの権威、権力を従えておられるのである。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ペテロの第一の手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳