目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5

THE FIRST GENERAL EPISTLE OF
PETER
ペテロの第一の手紙

第4章(CHAPTER 4)

  1. このように、キリストは肉において苦しまれたのであるから、あなたがたも同じ覚悟で心の武装をしなさい。肉において苦しんだ人は、それによって罪からのがれたのである。
  2. それは、肉における残りの生涯(しょうがい)を、もはや人間の欲情によらず、神の御旨(みむね)によって過ごすためである。
  3. 過ぎ去った時代には、あなたがたは、異邦人の好みにまかせて、好色、欲情、酔酒、宴楽、暴飲、気ままな偶像礼拝などにふけってきたが、もうそれで十分であろう。
  4. 今はあなたがたが、そうした度を過ごした乱行に加わらないので、彼らは驚きあやしみ、かつ、ののしっている。
  5. 彼らは、やがて生ける者と死ねる者とをさばくかたに、申し開きをしなくてはならない。
  6. 死人にさえ福音が宣べ伝えられたのは、彼らは肉においては人間としてさばきを受けるが、霊においては神に従って生きるようになるためである。
  7. 万物の終りが近づいている。だから、心を確かにし、身を慎んで、努めて祈りなさい。
  8. 何よりもまず、互の愛を熱く保ちなさい。愛は多くの罪をおおうものである。
  9. 不平を言わずに、互にもてなし合いなさい。
  10. あなたがたは、それぞれ賜物をいただいているのだから、神のさまざまな恵みの良き管理人として、それをお互のために役立てるべきである。
  11. 語る者は、神の御言(みことば)を語る者にふさわしく語り、奉仕する者は、神から賜わる力による者にふさわしく奉仕すべきである。それは、すべてのことにおいてイエス・キリストによって、神があがめられるためである。栄光と力とが世々限りなく、彼にあるように、アァメン。
  12. 愛する者たちよ。あなたがたを試みるために降りかかって来る火のような試錬を、何か思いがけないことが起ったかのように驚きあやしむことなく、
  13. むしろ、キリストの苦しみにあずかればあずかるほど、喜ぶがよい。それは、キリストの栄光が現れる際に、よろこびにあふれるためである。
  14. キリストの名のためにそしられるなら、あなたがたはさいわいである。その時には、栄光の霊、神の霊が、あなたがたに宿るからである。
  15. あなたがたのうち、だれも、人殺し、盗人(ぬすびと)、悪を行う者、あるいは、他人に干渉する者として苦しみに会うことのないようにしなさい。
  16. しかし、クリスチャンとして苦しみを受けるのであれば、恥じることはない。かえって、この名によって神をあがめなさい。
  17. さばきが神の家から始められる時がきた。それが、わたしたちからまず始められるとしたら、神の福音に従わない人々の行く末は、どんなであろうか。
  18. また義人でさえ、かろうじて救われるのだとすれば、不信なる者や罪人(つみびと)は、どうなるであろうか。
  19. だから、神の御旨(みむね)に従って苦しみを受ける人々は、善をおこない、そして、真実であられる創造者に、自分のたましいをゆだねるがよい。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ペテロの第一の手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳