目次 前へ 1  2  3

THE SECOND GENERAL EPISTLE OF
PETER
ペテロの第二の手紙

第3章(CHAPTER 3)

  1. 愛する者たちよ。わたしは今この第二の手紙をあなたがたに書きおくり、これらの手紙によって記憶を呼び起し、あなたがたの純真な心を奮い立たせようとした。
  2. それは聖なる預言者たちがあらかじめ語った言葉と、あなたがたの使徒たちが伝えた主なる救主の戒めとを、思い出させるためである。
  3. まず次のことを知るべきである。終りの時にあざける者たちが、あざけりながら出てきて、自分の欲情のままに生活し、
  4. 「主の来臨の約束はどうなったのか。先祖たちが眠りについてから、すべてのものは天地創造の初めからそのままであって、変ってはいない」と言うであろう。
  5. すなわち、彼らはこのことを認めようとはしない。古い昔に天が存在し、地は神の言(ことば)によって、水がもとになり、また、水によって成ったのであるが、
  6. その時の世界は、御言(みことば)により水でおおわれて滅んでしまった。
  7. しかし、今の天と地とは、同じ御言によって保存され、不信仰な人々がさばかれ、滅ぼさるべき日に火で焼かれる時まで、そのまま保たれているのである。
  8. 愛する者たちよ。この一時を忘れてはならない。主にあっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである。
  9. ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。
  10. しかし、主の日は盗人(ぬすびと)のように襲って来る。その日には、天は大音響をたてて消え去り、天体は焼けてくずれ、地とその上に造り出されたものも、みな焼きつくされるであろう。
  11. このように、これらはみなくずれ落ちていくものであるから、神の日の到来を熱心に待ち望んでいるあなたがたは、
  12. 極力、きよく信心深い行いをしていなければならない。その日には、天は燃えくずれ、天体は焼けうせてしまう。
  13. しかし、わたしたちは、神の約束に従って、義の住む新しい天と新しい地とを待ち望んでいる。
  14. 愛する者たちよ。それだから、この日を待っているあなたがたは、しみもなくきずもなく、安らかな心で、神のみまえに出られるように励みなさい。
  15. また、わたしたちの主の寛容は救のためであると思いなさい。このことは、わたしたちの愛する兄弟パウロが、彼に与えられた知恵によって、あなたがたに書きおくったとおりである。
  16. 彼は、どの手紙にもこれらのことを述べている。その手紙の中には、ところどころ、わかりにくい箇所もあって、無学で心の定まらない者たちは、ほかの聖書についてもしているように、無理な解釈をほどこして、自分の滅亡を招いている。
  17. 愛する者たちよ。それだから、あなたがたはかねてから心がけているように、非道の者の惑わしに誘い込まれて、あなたがた自身の確信を失うことのないように心がけなさい。
  18. そして、わたしたちの主また救主イエス・キリストの恵みと知識とにおいて、ますます豊かになりなさい。栄光が、今も、また永遠の日に至るまでも、主にあるように、アァメン。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>> 
- 新約聖書(口語):ペテロの第二の手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳