目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

THE REVELATION
OF JESUS CHRIST
ヨハネの黙示録

第20章(CHAPTER 20)

  1. またわたしが見ていると、ひとりの御使が、底知れぬ所のかぎと大きな鎖とを手に持って、天から降りてきた。
  2. 彼は、悪魔でありサタンである龍(りゅう)、すなわち、かの年を経たへびを捕えて千年の間つなぎおき、
  3. そして、底知れぬ所に投げ込み、入口を閉じてその上に封印し、千年の期間が終るまで、諸国民を惑わすことがないようにしておいた。その後、しばらくの間だけ解放されることになっていた。
  4. また見ていると、かず多くの座があり、その上に人々がすわっていた。そして、彼らにさばきの権が与えられていた。また、イエスのあかしをし神の言(ことば)を伝えたために首を切られた人々の霊がそこにおり、また、獣をもその像をも拝まず、その刻印を額や手に受けることをしなかった人々がいた。彼らは生きかえって、キリストと共に千年の間、支配した。
  5. (それ以外の死人は、千年の期間が終るまで生きかえらなかった。)これが第一の復活である。
  6. この第一の復活にあずかる者は、さいわいな者であり、また聖なる者である。この人たちに対しては、第二の死はなんの力もない。彼らは神とキリストとの祭司となり、キリストと共に千年の間、支配する。
  7. 千年の期間が終ると、サタンはその獄から解放される。
  8. そして、出て行き、地の四方にいる諸国民、すなわちゴグ、マゴグを惑わし、彼らを戦いのために召集する。その数は、海の砂のように多い。
  9. 彼らは地上の広い所に上ってきて、聖徒たちの陣営と愛されていた都とを包囲した。すると、天から火が下ってきて、彼らを焼き尽くした。
  10. そして、彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄(いおう)との池に投げ込まれた。そこには、獣もにせ預言者もいて、彼らは世々限りなく日夜、苦しめられるのである。
  11. また見ていると、大きな白い御座(みざ)があり、そこにいますかたがあった。天も地も御顔(みかお)の前から逃げ去って、あとかたもなくなった。
  12. また、死んでいた者が、大いなる者も小さき者も共に、御座の前に立っているのが見えた。かずかずの書物が開かれたが、もう一つの書物が開かれた。これはいのちの書であった。死人はそのしわざに応じ、この書物に書かれていることにしたがって、さばかれた。
  13. 海はその中にいる死人を出し、死も黄泉(よみ)もその中にいる死人を出し、そして、おのおのそのしわざに応じて、さばきを受けた。
  14. それから、死も黄泉も火の池に投げ込まれた。この火の池が第二の死である。
  15. このいのちの書に名がしるされていない者はみな、火の池に投げ込まれた。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ヨハネの黙示録 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳