目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

THE REVELATION
OF JESUS CHRIST
ヨハネの黙示録

第21章(CHAPTER 21)

  1. わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。
  2. また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。
  3. また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、
  4. 人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。
  5. すると、御座(みざ)にいますかたが言われた、「見よ、わたしはすべてのものを新たにする」。また言われた、「書きしるせ。これらの言葉は、信ずべきであり、まことである」。
  6. そして、わたしに仰せられた、「事はすでに成った。わたしは、アルパでありオメガである。初めであり終りである。かわいている者には、いのちの水の泉から価なしに飲ませよう。
  7. 勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐであろう。わたしは彼の神となり、彼はわたしの子となる。
  8. しかし、おくびょうな者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫(かんいん)を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者には、火と硫黄(いおう)の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である」。
  9. 最後の七つの災害が満ちている七つの鉢(はち)を持っていた七人の御使(みつかい)のひとりがきて、わたしに語って言った、「さあ、きなさい。小羊の妻なる花嫁を見せよう」。
  10. この御使は、わたしを御霊(みたま)に感じたまま、大きな高い山に連れて行き、聖都エルサレムが、神の栄光のうちに、神のみもとを出て天から下って来るのを見せてくれた。
  11. その都の輝きは、高価な宝石のようであり、透明な碧玉(へきぎょく)のようであった。
  12. それには大きな、高い城壁があって、十二の門があり、それらの門には、十二の御使がおり、イスラエルの子らの十二部族の名が、それに書いてあった。
  13. 東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門があった。
  14. また都の城壁には十二の土台があり、それには小羊の十二使徒の十二の名が書いてあった。
  15. わたしに語っていた者は、都とその門と城壁とを測るために、金の測りざおを持っていた。
  16. 都は方形であって、その長さと幅とは同じである。彼がその測りざおで都を測ると、一万二千丁であった。長さと幅と高さとは、いずれも同じである。
  17. また城壁を測ると、百四十四キュビトであった。これは人間の、すなわち、御使(みつかい)の尺度によるのである。
  18. 城壁は碧玉(へきぎょく)で築かれ、都はすきとおったガラスのような純金で造られていた。
  19. 都の城壁の土台は、さまざまな宝石で飾られていた。第一の土台は碧玉、第二はサファイヤ、第三はめのう、第四は緑玉、
  20. 第五は縞(しま)めのう、第六は赤めのう、第七はかんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉石、第十はひすい、第十一は青玉、第十二は紫水晶であった。
  21. 十二の門は十二の真珠であり、門はそれぞれ一つの真珠で造られ、都の大通りは、すきとおったガラスのような純金であった。
  22. わたしは、この都の中には聖所を見なかった。全能者にして主なる神と小羊とが、その聖所なのである。
  23. 都は、日や月がそれを照す必要がない。神の栄光が都を明るくし、小羊が都のあかりだからである。
  24. 諸国民は都の光の中を歩き、地の王たちは、自分たちの光栄をそこに携えて来る。
  25. 都の門は、終日、閉ざされることはない。そこには夜がないからである。
  26. 人々は、諸国民の光栄とほまれとをそこに携えて来る。
  27. しかし、汚れた者や、忌むべきこと及び偽りを行う者は、その中に決してはいれない。はいれる者は、小羊のいのちの書に名をしるされている者だけである。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ヨハネの黙示録 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳