目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16

THE EPISTLE OF PAUL TO THE
ROMANS
ローマ人への手紙

第8章(CHAPTER 8)

  1. こういうわけで、今やキリスト・イエスにある者は罪に定められることがない。
  2. なぜなら、キリスト・イエスにあるいのちの御霊(みたま)の法則は、罪と死との法則からあなたを解放したからである。
  3. 律法が肉により無力になっているためになし得なかった事を、神はなし遂げて下さった。すなわち、御子(みこ)を、罪の肉の様で罪のためにつかわし、肉において罪を罰せられたのである。
  4. これは律法の要求が、肉によらず霊によって歩くわたしたちにおいて、満たされるためである。
  5. なぜなら、肉に従う者は肉のことを思い、霊に従う者は霊のことを思うからである。
  6. 肉の思いは死であるが、霊の思いは、いのちと平安とである。
  7. なぜなら、肉の思いは神に敵するからである。すなわち、それは神の律法に従わず、否、従い得ないのである。
  8. また、肉にある者は、神を喜ばせることができない。
  9. しかし、神の御霊があなたがたの内に宿っているなら、あなたがたは肉におるのではなく、霊におるのである。もし、キリストの霊を持たない人がいるなら、その人はキリストのものではない。
  10. もし、キリストがあなたがたの内におられるなら、からだは罪のゆえに死んでいても、霊は義のゆえに生きているのである。
  11. もし、イエスを死人の中からよみがえらせたかたの御霊が、あなたがたの内に宿っているなら、キリスト・イエスを死人の中からよみがえらせたかたは、あなたがたの内に宿っている御霊(みたま)によって、あなたがたの死ぬべきからだをも、生かしてくださるであろう。
  12. それゆえに、兄弟たちよ。わたしたちは、果すべき責任を負っている者であるが、肉に従って生きる責任を肉に対して負っているのではない。
  13. なぜなら、もし、肉に従って生きるなら、あなたがたは死ぬ外はないからである。しかし、霊によってからだの働きを殺すなら、あなたがたは生きるであろう。
  14. すべて神の御霊に導かれている者は、すなわち、神の子である。
  15. あなたがたは再び恐れをいだかせる奴隷の霊を受けたのではなく、子たる身分を授ける霊を受けたのである。その霊によって、わたしたちは「アバ、父よ」と呼ぶのである。
  16. 御霊みずから、わたしたちの霊と共に、わたしたちが神の子であることをあかしして下さる。
  17. もし子であれば、相続人でもある。神の相続人であって、キリストと栄光を共にするために苦難をも共にしている以上、キリストと共同の相続人なのである。
  18. わたしは思う。今のこの時の苦しみは、やがてわたしたちに現されようとする栄光に比べると、言うに足りない。
  19. 被造物は、実に、切なる思いで神の子たちの出現を待ち望んでいる。
  20. なぜなら、被造物が虚無に服したのは、自分の意志によるのではなく、服従させたかたによるのであり、
  21. かつ、被造物自身にも、滅びのなわめから解放されて、神の子たちの栄光の自由に入る望みが残されているからである。
  22. 実に、被造物全体が、今に至るまで、共にうめき共に産みの苦しみを続けていることを、わたしたちは知っている。
  23. それだけではなく、御霊の最初の実を持っているわたしたち自身も、心の内でうめきながら、子たる身分を授けられること、すなわち、からだのあがなわれることを待ち望んでいる。
  24. わたしたちは、この望みによって救われているのである。しかし、目に見える望みは望みではない。なぜなら、現に見ている事を、どうして、なお望む人があろうか。
  25. もし、わたしたちが見ないことを望むなら、わたしたちは忍耐して、それを待ち望むのである。
  26. 御霊(みたま)もまた同じように、弱いわたしたちを助けて下さる。なぜなら、わたしたちはどう祈ったらよいかわからないが、御霊みずから、言葉にあらわせない切なるうめきをもって、わたしたちのためにとりなして下さるからである。
  27. そして、人の心を探り知るかたは、御霊の思うところがなんであるかを知っておられる。なぜなら、御霊は、聖徒のために、神の御旨(みむね)にかなうとりなしをして下さるからである。
  28. 神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。
  29. 神はあらかじめ知っておられる者たちを、更に御子(みこ)のかたちに似たものとしようとして、あらかじめ定めて下さった。それは、御子を多くの兄弟の中で長子とならせるためであった。
  30. そして、あらかじめ定めた者たちを更に召し、召した者たちを更に義とし、義とした者たちには、更に栄光を与えて下さったのである。
  31. それでは、これらの事について、なんと言おうか。もし、神がわたしたちの味方であるなら、だれがわたしたちに敵し得ようか。
  32. ご自身の御子をさえ惜しまないで、わたしたちすべての者のために死に渡されたかたが、どうして、御子のみならず万物をも賜わらないことがあろうか。
  33. だれが、神の選ばれた者たちを訴えるのか。神は彼らを義とされるのである。
  34. だれが、わたしたちを罪に定めるのか。キリスト・イエスは、死んで、否、よみがえって、神の右に座し、また、わたしたちのためにとりなして下さるのである。
  35. だれが、キリストの愛からわたしたちを離れさせるのか。患難か、苦悩か、迫害か、飢えか、裸か、危難か、剣か。
  36.    「わたしたちはあなたのために終日、
       死に定められており、
       ほふられる羊のように見られている」
    と書いてあるとおりである。
  37. しかし、わたしたちを愛して下さったかたによって、わたしたちは、これらすべての事において勝ち得て余りがある。
  38. わたしは確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力あるものも、
  39. 高いものも深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ローマ人への手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章
9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳