目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16

THE EPISTLE OF PAUL TO THE
ROMANS
ローマ人への手紙

第10章(CHAPTER 10)

  1. 兄弟たちよ。わたしの心の願い、彼らのために神にささげる祈は、彼らが救われることである。
  2. わたしは、彼らが神に対して熱心であることはあかしするが、その熱心は深い知識によるものではない。
  3. なぜなら、彼らは神の義を知らないで、自分の義を立てようと努め、神の義に従わなかったからである。
  4. キリストは、すべて信じる者に義を得させるために、律法の終りとなられたのである。
  5. モーセは、律法による義を行う人は、その義によって生きる、と書いている。
  6. しかし、信仰による義は、こう言っている、「あなたは心のうちで、だれが天に上るであろうかと言うな」。それは、キリストを引き降ろすことである。
  7. また、「だれが底知れぬ所に下るであろうかと言うな」。それは、キリストを死人の中から引き上げることである。
  8. では、なんと言っているか。「言葉はあなたの近くにある。あなたの口にあり、心にある」。この言葉とは、わたしたちが宣(の)べ伝えている信仰の言葉である。
  9. すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。
  10. なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。
  11. 聖書は、「すべて彼を信じる者は、失望に終ることがない」と言っている。
  12. ユダヤ人とギリシャ人との差別はない。同一の主が万民の主であって、彼を呼び求めるすべての人を豊かに恵んで下さるからである。
  13. なぜなら、「主の御名(みな)を呼び求める者は、すべて救われる」とあるからである。
  14. しかし、信じたことのない者を、どうして呼び求めることがあろうか。聞いたことのない者を、どうして信じることがあろうか。宣(の)べ伝える者がいなくては、どうして聞くことがあろうか。
  15. つかわされなくては、どうして宣べ伝えることがあろうか。「ああ、麗しいかな、良きおとずれを告げる者の足は」と書いてあるとおりである。
  16. しかし、すべての人が福音に聞き従ったのではない。イザヤは、「主よ、だれがわたしたちから聞いたことを信じましたか」と言っている。
  17. したがって、信仰は聞くことによるのであり、聞くことはキリストの言葉から来るのである。
  18. しかしわたしは言う、彼らには聞えなかったのであろうか。否、むしろ
       「その声は全地にひびきわたり、
       その言葉は世界のはてにまで及んだ」。
  19. なお、わたしはいう、イスラエルは知らなかったのであろうか。まずモーセは言っている、
       「わたしはあなたがたに、
       国民でない者に対してねたみを起させ、
       無知な国民に対して、
       怒りをいだかせるであろう」。
  20. イザヤも大胆に言っている、
       「わたしは、わたしを求めない者たちに見いだされ、
       わたしを尋ねない者に、自分を現した」。
  21. そして、イスラエルについては、
       「わたしは服従せずに反抗する民に、
       終日わたしの手をさし伸べていた」
    と言っている。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ローマ人への手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章
9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳