目次 前へ 次へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16

THE EPISTLE OF PAUL TO THE
ROMANS
ローマ人への手紙

第12章(CHAPTER 12)

  1. 兄弟たちよ。そういうわけで、神のあわれみによってあなたがたに勧める。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、生きた、聖なる供え物としてささげなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。
  2. あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨(みむね)であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。
  3. わたしは、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりびとりに言う。思うべき限度を超えて思いあがることなく、むしろ、神が各自に分け与えられた信仰の量りにしたがって、慎み深く思うべきである。
  4. なぜなら、一つのからだにたくさんの肢体(したい)があるが、それらの肢体がみな同じ働きをしてはいないように、
  5. わたしたちも数は多いが、キリストにあって一つのからだであり、また各自は互に肢体だからである。
  6. このように、わたしたちは与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っているので、もし、それが預言であれば、信仰の程度に応じて預言をし、
  7. 奉仕であれば奉仕をし、また教える者であれば教え、
  8. 勧めをする者であれば勧め、寄附する者は惜しみなく寄附し、指導する者は熱心に指導し、慈善をする者は快く慈善をすべきである。
  9. 愛には偽りがあってはならない。悪は憎み退け、善には親しみ結び、
  10. 兄弟の愛をもって互にいつくしみ、進んで互に尊敬し合いなさい。
  11. 熱心で、うむことなく、霊に燃え、主に仕え、
  12. 望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈りなさい。
  13. 貧しい聖徒を助け、努めて旅人をもてなしなさい。
  14. あなたがたを迫害する者を祝福しなさい。祝福して、のろってはならない。
  15. 喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。
  16. 互に思うことをひとつにし、高ぶった思いをいだかず、かえって低い者たちと交わるがよい。自分が知者だと思いあがってはならない。
  17. だれに対しても悪をもって悪に報いず、すべての人に対して善を図りなさい。
  18. あなたがたは、できる限りすべての人と平和に過ごしなさい。
  19. 愛する者たちよ。自分で復讐(ふくしゅう)をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、「主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と書いてあるからである。
  20. むしろ、「もしあなたの敵が飢えるなら、彼に食わせ、かわくなら、彼に飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃えさかる炭火を積むことになるのである」。
  21. 悪に負けてはいけない。かえって、善をもって悪に勝ちなさい。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ローマ人への手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章
9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳