目次 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16

THE EPISTLE OF PAUL TO THE
ROMANS
ローマ人への手紙

第16章(CHAPTER 16)

  1. ケンクレヤにある教会の執事、わたしたちの姉妹フィベを、あなたがたに紹介する。
  2. どうか、聖徒たるにふさわしく、主にあって彼女を迎え、そして、彼女があなたがたにしてもらいたいことがあれば、何事でも、助けてあげてほしい。彼女は多くの人の援助者であり、またわたし自身の援助者でもあった。
  3. キリスト・イエスにあるわたしの同労者プリスカとアクラとに、よろしく言ってほしい。
  4. 彼らは、わたしのいのちを救うために、自分の首をさえ差し出してくれたのである。彼らに対しては、わたしだけではなく、異邦人のすべての教会も、感謝している。
  5. また、彼らの家の教会にも、よろしく。わたしの愛するエパネトに、よろしく言ってほしい。彼は、キリストにささげられたアジヤの初穂である。
  6. あなたがたのために一方ならず労苦したマリヤに、よろしく言ってほしい。
  7. わたしの同族であって、わたしと一緒に投獄されたことのあるアンデロニコとユニアスとに、よろしく。彼らは使徒たちの間で評判がよく、かつ、わたしよりも先にキリストを信じた人々である。
  8. 主にあって愛するアムプリアトに、よろしく。
  9. キリストにあるわたしたちの同労者ウルバノと、愛するスタキスとに、よろしく。
  10. キリストにあって錬達なアペレに、よろしく。アリストブロの家の人たちに、よろしく。
  11. 同族のヘロデオンに、よろしく。ナルキソの家の、主にある人たちに、よろしく。
  12. 主にあって労苦しているツルパナとツルポサとに、よろしく。主にあって一方ならず労苦した愛するペルシスに、よろしく。
  13. 主にあって選ばれたルポスと、彼の母とに、よろしく。彼の母は、わたしの母でもある。
  14. アスンクリト、フレゴン、ヘルメス、パトロバ、ヘルマスおよび彼らと一緒にいる兄弟たちに、よろしく。
  15. ピロロゴとユリヤとに、またネレオとその姉妹とに、オルンパに、また彼らと一緒にいるすべての聖徒たちに、よろしく言ってほしい。
  16. きよい接吻(せっぷん)をもって、互にあいさつをかわしなさい。キリストのすべての教会から、あなたがたによろしく。
  17. さて、兄弟たちよ。あなたがたに勧告する。あなたがたが学んだ教にそむいて分裂を引き起し、つまずきを与える人々を警戒し、かつ彼らから遠ざかるがよい。
  18. なぜなら、こうした人々は、わたしたちの主キリストに仕えないで、自分の腹に仕え、そして甘言と美辞とをもって、純朴(じゅんぼく)な人々の心を欺く者どもだからである。
  19. あなたがたの従順は、すべての人々の耳に達しており、それをあなたがたのために喜んでいる。しかし、わたしの願うところは、あなたがたが善にさとく、悪には、うとくあってほしいことである。
  20. 平和の神は、サタンをすみやかにあなたがたの足の下に踏み砕くであろう。どうか、わたしたちの主イエスの恵みが、あなたがたと共にあるように。
  21. わたしの同労者テモテおよび同族のルキオ、ヤソン、ソシパテロから、あなたがたによろしく。
  22. (この手紙を筆記したわたしテルテオも、主にあってあなたがたにあいさつの言葉をおくる。)
  23. わたしと全教会との家主ガイオから、あなたがたによろしく。市の会計係エラストと兄弟クワルトから、あなたがたによろしく。
  24. [わたしたちの主イエス・キリストの恵みが、あなたがた一同と共にあるように、アァメン。]
  25. 願わくは、わたしの福音とイエス・キリストの宣教とにより、かつ、長き世々にわたって、隠されていたが、今やあらわされ、預言の書をとおして、永遠の神の命令に従い、信仰の従順に至らせるために、もろもろの国人に告げ知らされた奥義の啓示によって、あなたがたを力づけることのできるかた、
  26. すなわち、唯一の知恵深き神に、イエス・キリストにより、栄光が永遠より永遠にあるように、アァメン。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):ローマ人への手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章
9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳