目次 次へ 1  2  3  4  5  6

THE FIRST EPISTLE OF PAUL TO
TIMOTHY
テモテへの第一の手紙

第1章(CHAPTER 1)

  1. わたしたちの救主なる神と、わたしたちの望みであるキリスト・イエスとの任命によるキリスト・イエスの使徒パウロから、
  2. 信仰によるわたしの真実な子テモテへ。
    父なる神とわたしたちの主イエス・キリストから、恵みとあわれみと平安とが、あなたにあるように。
  3. わたしがマケドニヤに向かって出発する際、頼んでおいたように、あなたはエペソにとどまっていて、ある人々に、違った教を説くことをせず、
  4. 作り話やはてしのない系図などに気をとられることもないように、命じなさい。そのようなことは信仰による神の務を果すものではなく、むしろ論議を引き起させるだけのものである。
  5. わたしのこの命令は、清い心と正しい良心と偽りのない信仰とから出てくる愛を目標としている。
  6. ある人々はこれらのものからそれて空論に走り、
  7. 律法の教師たることを志していながら、自分の言っていることも主張していることも、わからないでいる。
  8. わたしたちが知っているとおり、律法なるものは、法に従って用いるなら、良いものである。
  9. すなわち、律法は正しい人のために定められたのではなく、不法な者と法に服さない者、不信心な者と罪ある者、神聖を汚す者と俗悪な者、父を殺す者と母を殺す者、人を殺す者、
  10. 不品行な者、男色をする者、誘かいする者、偽る者、偽り誓う者、そのほか健全な教にもとることがあれば、そのために定められていることを認むべきである。
  11. これは、祝福に満ちた神の栄光の福音が示すところであって、わたしはこの福音をゆだねられているのである。
  12. わたしは、自分を強くして下さったわたしたちの主イエス・キリストに感謝する。主はわたしを忠実な者と見て、この務に任じて下さったのである。
  13. わたしは以前には、神をそしる者、迫害する者、不遜(ふそん)な者であった。しかしわたしは、これらの事を、信仰がなかったとき、無知なためにしたのだから、あわれみをこうむったのである。
  14. その上、わたしたちの主の恵みが、キリスト・イエスにある信仰と愛とに伴い、ますます増し加わってきた。
  15. 「キリスト・イエスは、罪人(つみびと)を救うためにこの世にきて下さった」という言葉は、確実で、そのまま受けいれるに足るものである。わたしは、その罪人のかしらなのである。
  16. しかし、わたしがあわれみをこうむったのは、キリスト・イエスが、まずわたしに対して限りない寛容を示し、そして、わたしが今後、彼を信じて永遠のいのちを受ける者の模範となるためである。
  17. 世々の支配者、不朽にして見えざる唯一の神に、世々限りなく、ほまれと栄光とがあるように、アァメン。
  18. わたしの子テモテよ。以前あなたに対してなされた数々の預言の言葉に従って、この命令を与える。あなたは、これらの言葉に励まされて、信仰と正しい良心とを保ちながら、りっぱに戦いぬきなさい。
  19. ある人々は、正しい良心を捨てたため、信仰の破船に会った。
  20. その中に、ヒメナオとアレキサンデルとがいる。わたしは、神を汚さないことを学ばせるため、このふたりをサタンの手に渡したのである。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):テモテへの第一の手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳