目次 前へ 次へ 1  2  3  4

THE SECOND EPISTLE OF PAUL TO
TIMOTHY
テモテへの第二の手紙

第3章(CHAPTER 3)

  1. しかし、このことは知っておかねばならない。終りの時には、苦難の時代が来る。
  2. その時、人々は自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、高慢な者、神をそしる者、親に逆らう者、恩を知らぬ者、神聖を汚す者、
  3. 無情な者、融和しない者、そしる者、無節制な者、粗暴な者、善を好まない者、
  4. 裏切り者、乱暴者、高言をする者、神よりも快楽を愛する者、
  5. 信心深い様子をしながらその実を捨てる者となるであろう。こうした人々を避けなさい。
  6. 彼らの中には、人の家にもぐり込み、そして、さまざまの欲に心を奪われて、多くの罪を積み重ねている愚かな女どもを、とりこにしている者がある。
  7. 彼女たちは、常に学んではいるが、いつになっても真理の知識に達することができない。
  8. ちょうど、ヤンネとヤンブレとがモーセに逆らったように、こうした人々も真理に逆らうのである。彼らは知性の腐った、信仰の失格者である。
  9. しかし、彼らはそのまま進んでいけるはずがない。彼らの愚かさは、あのふたりの場合と同じように、多くの人に知れて来るであろう。
  10. しかしあなたは、わたしの教、歩み、こころざし、信仰、寛容、愛、忍耐、
  11. それから、わたしがアンテオケ、イコニオム、ルステラで受けた数々の迫害、苦難に、よくも続いてきてくれた。そのひどい迫害にわたしは耐えてきたが、主はそれらいっさいのことから、救い出して下さったのである。
  12. いったい、キリスト・イエスにあって信心深く生きようとする者は、みな、迫害を受ける。
  13. 悪人と詐欺師とは人を惑わし人に惑わされて、悪から悪へと落ちていく。
  14. しかし、あなたは、自分が学んで確信しているところに、いつもとどまっていなさい。あなたは、それをだれから学んだか知っており、
  15. また幼い時から、聖書に親しみ、それが、キリスト・イエスに対する信仰によって救に至る知恵を、あなたに与えうる書物であることを知っている。
  16. 聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。
  17. それによって、神の人が、あらゆる良いわざに対して十分な準備ができて、完全にととのえられた者になるのである。

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 新約聖書(口語):テモテへの第二の手紙 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章

© 日本聖書協会(Japan Bible Society) 小形新約聖書(口語)1954年改訳