目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ・・ 30 40 50 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第4篇(psalm 4)

琴(こと)にあはせて伶長(うたのかみ)にうたはしめたるダビデの歌
  1. わが義(ぎ)をまもりたまふ神よ ねがはくはわが呼(よばは)るときに答へたまへ わがなやみたる時なんぢ我(われ)をくつろがせたまへり ねがはくは我をあはれみ わが祈(いのり)をきゝたまへ
  2. 人の子よ なんぢらわが榮(さかえ)をはぢしめて幾何時(いくそのとき)をへんとするか なんぢらむなしき事をこのみ虚偽(いつはり)をしたひていくそのときを經(へ)んとするか セラ
  3. 然(され)どなんぢら知れ ヱホバは神をうやまふ人をわかちて己(おのれ)につかしめたまひしことを われヱホバによばはらば聴(きゝ)たまはん
  4. なんぢら愼(つゝし)みをのゝきて罪ををかすなかれ 臥床(ふしど)にておのが心にかたりて黙(もだ)せ セラ
  5. なんぢら義(ぎ)のそなへものを献(さゝげ)てヱホバに依頼(よりたの)め
  6. おほくの人はいふ たれか嘉事(よきこと)をわれらに見するものあらんやと ヱホバよねがはくは聖顔(みかほ)の光をわれらの上にのぼらせたまへ
  7. なんぢのわが心にあたへたまひし歓喜(よろこび)はかれらの穀物(たなつもの)と酒との豊(ゆた)かなる時にまさりき
  8. われ安然(やすらか)にして臥(ふし)またねぶらん ヱホバよわれを獨(ひとり)にて坦然(たひらか)にをらしむるものは汝なり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書