目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ・・ 30 40 50 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第5篇(psalm 5)

簫(ふえ)にあはせて伶長(うたのかみ)にうたはしめたるダビデのうた
  1. ヱホバよねがはくは我(わ)がことばに耳をかたむけ わが思(おもひ)にみこゝろを注(とめ)たまへ
  2. わが王よわが神よ わが號呼(さけび)のこゑをきゝたまへ われ汝(なんぢ)にいのればなり
  3. ヱホバよ朝(あした)になんぢわが聲(こゑ)をきゝたまはん 我あしたになんぢの爲(ため)にそなへして俟望(まちのぞ)むべし
  4. なんぢは惡(あし)きことをよろこびたまふ神にあらず  惡人(あしきひと)はなんぢの賓客(まらうど)たるを得(え)ざるなり
  5. たかぶる者はなんぢの目前(めのまへ)にたつをえず なんぢはずべて邪曲(よこしま)をおこなふものを憎(にく)みたまふ
  6. なんぢは虚偽(いつはり)をいふ者をほろぼしたまふ 血をながすものと詭計(たばかり)をなすものとは ヱホバ憎(にく)みたまふなり
  7. 然(され)どわれは豊かなる仁慈(みいつくしみ)によりてなんぢの家にいらん われ汝をおそれつゝ聖宮(きよきみや)にむかひて拝(をが)まん
  8. ヱホバよ願(ねがは)くはわが仇(あた)のゆゑになんぢの義(ぎ)をもて我をみちびき なんぢの途(みち)をわが前になほくしたまへ
  9. かれらの口には眞實(まこと)なく その衷(うち)はよこしま その喉(のど)はあばける墓 その舌はへつらひをいへばなり
  10. 神よねがはくはかれらを刑(つみ)なひ その謀略(はかりごと)によりてみづから仆(たふ)れしめ その愆(とが)のおほきによりて之(これ)をおひいだしたまへ かれらは汝にそむきたればなり
  11. されど凡(すべ)てなんぢに依頼(よりたの)む者をよろこばせ永遠(とこしへ)によろこびよばはらせたまへ なんぢ斯(かゝ)る人をまもりたまふなり 名(みな)をいつくしむ者にもなんぢによりて歓喜(よろこび)をえしめたまへ
  12. ヱホバよなんぢは義者(たゞしきもの)にさいはひし盾(たて)のごとく恩惠(めぐみ)をもて之(これ)をかこみたまはん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書