目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ・・ 30 40 50 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第10篇(psalm 10)

  1. あゝヱホバよ何(なん)ぞはるかに立(たち)たまふや なんぞ患難(なやみ)のときに匿(かく)れたまふや
  2. あしき人はたかぶりて苦しむものを甚(はなは)だしくせむ かれらをそのくはだての謀略(はかりごと)にとらはれしめたまヘ
  3. あしきひとは己(おの)がこゝろの欲望(ねがひ)をほこり貪(むさぼ)るものを祝してヱホバをかろしむ
  4. あしき人はほこりかにいふ 神はさぐりもとむることをせざるなりと 凡(すべ)てそのおもひに神なしとせり
  5. かれの途(みち)はつねに堅(かた)く なんぢの審判(さばき)はその眼(め)よりはなれてたかし 彼はそのもろもろの敵をくちさきらにて吹く
  6. かくて己(おの)がこゝろの中(うち)にいふ 我(われ)うごかさるゝことなく世々われに禍害(わざはひ)なかるべしと
  7. その口にはのろひと虚偽(いつはり)としへたげとみち その舌のしたには殘害(そこなひ)とよこしまとあり
  8. かれは村里(むらざと)のかくれたる處(ところ)にをり隠(しのび)やかなるところにて罪なきものをころす その眼はひそかに倚仗(よるべ)なきものをうかゞひ
  9. 窟(ほら)にをる獅(しゝ)のごとく潜(ひそ)みまち苦しむものをとらへんために伏(ふし)ねらひ貧(まづ)しきものをその網(あみ)にひきいれてとらふ
  10. また身をかゞめて蹲(うづく)まる その強勁(ちから)によりて依仗(よるべ)なきものは仆(たふ)る
  11. かれ心のうちにいふ 神はわすれたり神はその面(かほ)をかくせり神はみることなかるべしと
  12. ヱホバよ起(おき)たまへ 神よ手(みて)をあげたまへ 苦しむものを忘れたまふなかれ
  13. いかなれば惡(あし)きもの神をいやしめて 心中(こゝろのうち)になんぢ探(さぐり)求むることをせじといふや
  14. なんぢは[み]たまへり その殘害(そこなひ)と怨恨(うらみ)とを見てこれに手(みて)をくだしたまへり 倚仗(よるべ)なきものは身をなんぢに委(ゆだ)ぬ なんぢは昔(むか)しより孤子(みなしご)をたすけたまふ者なり
  15. ねがはくは惡(あし)きものの臂(かひな)ををりたまへあしきものの惡事(あしきわざ)を一つだにのこらぬまでに探究(たづねいだ)したまヘ
  16. ヱホバはいやとほながに王なり もろもろの國民(くにびと)はほろびて神の國より跡(あと)をたちたり
  17. ヱホバよ汝はくるしむものの懇求(ねがひ)をきゝたまへり その心をかたくしたまはん なんぢは耳をかたぶけてきゝ
  18. 孤子(みなしご)と虐(しへた)げらるゝ者とのために審判(さばき)をなし地につける人にふたゝび恐嚇(おびやかし)をもちひざらしめ給(たま)はん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書