目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ・・ 30 40 50 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第19篇(psalm 19)

うたのかみに謳(うた)はしめたるダビデのうた
  1. もろもろの天は神のえいくわうをあらはし穹蒼(おほそら)はその手(みて)のわざをしめす
  2. この日ことばをかの日につたへ このよ知識(ちしき)をかの夜におくる
  3. 語(かた)らずいはずその聲(こゑ)きこえざるに
  4. そのひゞきは全地にあまねく そのことばは地のはてにまでおよぶ 神はかしこに帷幄(あげばり)を日のためにまうけたまへり
  5. 日は新婿(にひむこ)がいはひの殿(との)をいづるごとく勇士(ますらを)がきそひはしるをよろこぶに似(に)たり
  6. そのいでたつや天の涯(はし)よりし その運(めぐ)りゆくや天のはてにいたる 物としてその[あたゝまり]をかうぶらざるはなし
  7. ヱホバの法(のり)はまたくして霊魂(たましひ)をいきかへらしめヱホバの證詞(あかし)はかたくして愚(おろか)なるものを智(さと)からしむ
  8. ヱホバの訓諭(さとし)はなほくして心をよろこばしめ ヱホバの誡命(いましめ)はきよくして眼(まなこ)をあきらかならしむ
  9. ヱホバを惶(かしこ)みおそるゝ道はきよくして世々にたゆることなく ヱホバのさばきは眞實(まこと)にしてことごとく正し
  10. これを黄金(こがね)にくらぶるも おほくの純精(まじりなき)金(こがね)にくらぶるも 彌増(いやまさ)りてしたふべく これを蜜(みつ)にくらぶるも蜂(はち)のすの滴瀝(したゝり)にくらぶるもいやまさりて甘(あま)し
  11. なんぢの僕(しもべ)はこれらによりて[いましめ]をうく これらをまもらば大(おほい)なる報賞(むくい)あらん
  12. たれかおのれの過失(あやまち)をしりえんや ねがはくは我をかくれたる愆(とが)より解放(ときはな)ちたまへ
  13. 願(ねがは)くはなんぢの僕(しもべ)をひきとめて故意(ことさら)なる罪ををかさしめず それをわが主(しゆ)たらしめ給(たま)ふなかれ さればわれ[きず]なきものとなりて大(おほい)なる愆(とが)をまぬかるゝをえん
  14. ヱホバわが磐(いは)わが贖主(あがなひぬし)よ わがくちの言(ことば)わがこゝろの思念(おもひ)なんぢのまへに悦(よろこ)ばるゝことを得(え)しめたまへ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書