目次 前へ 次へ 1 ・ 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・ 40 50 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第22篇(psalm 22)

あけぼのの鹿(しか)の調(しらべ)にあはせて伶長(うたのかみ)にうたはしめたるダビデの歌
  1. わが神わが神なんぞ我をすてたまふや 何(いか)なれば遠くはなれて我をすくはず わが歎(なげ)きのこゑをきゝ給(たま)はざるか
  2. あゝわが神われ晝(ひる)よばはれども汝(なんぢ)こたへたまはず 夜(よる)よばはれどもわれ平安(やすき)をえず
  3. 然(さ)はあれイスラエルの讃美(さんび)のなかに住(すみ)たまふものよ汝(なんぢ)はきよし
  4. われらの列祖(おやたち)はなんぢに依頼(よりたの)めり かれら依頼(よりたの)みたればこれを助けたまへり
  5. かれら汝をよびて援(たすけ)をえ汝によりたのみて恥(はぢ)をおへることなかりき
  6. 然(しか)はあれどわれは蟲(むし)にして人にあらず 世にそしられ民(たみ)にいやしめらる
  7. すべてわれを見るものはわれをあざみわらひ 口唇(くちびる)をそらし首(かうべ)をふりていふ
  8. かれはヱホバによりたのめりヱホバ助(たす)くべし ヱホバかれを悦(よろこ)びたまふが故(ゆゑ)にたすくべしと
  9. されど汝はわれを胎内(はらのうち)よりいだし給(たま)へるものなり わが母のふところにありしとき既(すで)になんぢに依頼(よりたの)ましめたまへり
  10. 我(われ)うまれいでしより汝(なんぢ)にゆだねられたり わが母われを生(うみ)しときより汝はわが神なり
  11. われに遠ざかりたまふなかれ 患難(なやみ)ちかづき又すくふものなければなり
  12. おほくの牡牛(をうし)われをめぐりバシャンの力つよき牡牛(をうし)われをかこめり
  13. かれらは口をあけて我にむかひ物をかきさき吼(ほえ)うだく獅(しゝ)のごとし
  14. われ水のごとくそゝぎいだされ わがもろもろの骨ははづれ わが心は蝋(らふ)のごとくなりて腹(はら)のうちに鎔(とけ)たり
  15. わが力はかわきて陶器(すゑもの)のくだけのごとく わが舌は齶(あぎ)にひたつけり なんぢわれを死の塵(ちり)にふさせたまへり
  16. そは犬われをめぐり惡(あし)きものの群(むれ)われをかこみてわが手およびわが足をさしつらぬけり
  17. わが骨はことごとく數(かぞ)ふるばかりになりぬ 惡(あし)きもの目をとめて我をみる
  18. かれらたがひにわが衣(ころも)をわかち我(わ)がしたぎを鬮(くじ)にす
  19. ヱホバよ遠くはなれ居たまふなかれ わが力よねがはくは速(とく)きたりてわれを授(たす)けたまへ
  20. わがたましひを劍(つるぎ)より助けいだし わが生命(いのち)を犬のたけきいきほひより脱(のが)れしめたまへ
  21. われを獅(しゝ)の口また野牛のつのより救(すく)ひいだしたまへ なんぢ我にこたへたまへり
  22. われなんぢの名(みな)をわが兄弟(はらから)にのべつたへ なんぢを會(つどひ)のなかにて讃(ほめ)たゝへん
  23. ヱホバを懼(おそ)るゝものよヱホバをほめたゝへよ ヤコブのもろもろの裔(すゑ)よヱホバをあがめよ イスラエルのもろもろのすゑよヱホバを畏(かしこ)め
  24. ヱホバはなやむものの辛苦(くるしみ)をかろしめ棄(すて)たまはず これに聖顔(みかほ)をおほふことなくしてその叫(さけ)ぶときにきゝたまへばなり
  25. 大(おほい)なる會(つどひ)のなかにてわが汝(なんぢ)をほめたゝふるは汝よりいづるなり わが誓(ちか)ひしことはヱホバをおそるゝ者のまへにてことごとく償(つくの)はん
  26. 謙遜者(へりくだるもの)はくらひて飽(あく)ことをえ ヱホバをたづねもとむるものはヱホバをほめたゝへん 願(ねがは)くはなんぢらの心とこしへに生(いき)んことを
  27. 地のはては皆おもひいだしてヱホバに歸(かへ)りもろもろの國(くに)の族(やから)はみな前(みまへ)にふしをがむべし
  28. 國(くに)はヱホバのものなればなり ヱホバはもろもろの國人(くにびと)をすべをさめたまふ
  29. 地のこえたるものは皆くらひてヱホバををがみ塵(ちり)にくだるものと己(おの)がたましひを存(ながら)ふること能(あた)はざるものと皆そのみまへに拝跪(ひざまづ)かん
  30. たみの裔(すゑ)のうちにヱホバにつかふる者あらん 主(しゆ)のことは代々(よゝ)にかたりつたへらるべし
  31. かれら來(きた)りて此(こ)はヱホバの行爲(みわざ)なりとてその義(ぎ)を後(のち)にうまるゝ民(たみ)にのべつたへん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書