目次 前へ 次へ 1 1020 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 4050 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第34篇(psalm 34)

ダビデ、アビメレクのまへにて狂(くる)へる状(さま)をなし逐(おは)れていでさりしときに作れるうた
  1. われつねにヱホバを祝(いは)ひまつらん その頌詞(たゝへごと)はわが口にたえじ
  2. わがたましひはヱホバによりて誇(ほこ)らん 謙(へりく)だるものは之(これ)をきゝてよろこばん
  3. われとともにヱホバを崇(あが)めよ われらともにその名(みな)をあげたゝへん
  4. われヱホバを尋(たづ)ねたればヱホバわれにこたへ我をもろもろの畏懼(おそれ)よりたすけいだしたまへり
  5. かれらヱホバを仰(あふ)ぎのぞみて光をかうぶれり かれらの面(かほ)ははぢあからむことなし
  6. この苦(くる)しむもの叫(さけ)びたればヱホバこれをきゝ そのすべての患難(なやみ)よりすくひいだしたまへり
  7. ヱホバの使者(つかひ)はヱホバをおそるゝ者のまはりに營(えい)をつらねてこれを援(たす)く
  8. なんぢらヱホバの恩惠(めぐみ)ふかきを嘗(あぢは)ひしれ ヱホバによりたのむ者はさいはひなり
  9. ヱホバの聖徒(せいと)よヱホバを畏(おそ)れよヱホバをおそるゝものには乏(とも)しきことなければなり
  10. わかき獅(しゝ)はともしくして饑(うゝ)ることあり されどヱホバをたづぬるものは嘉物(よきもの)にかくることあらじ
  11. 子よきたりて我にきけ われヱホバを畏(おそ)るべきことを汝等にをしへん
  12. 福祉(さいはひ)をみんがために生命(いのち)をしたひ存(ながら)へんことをこのむ者はたれぞや
  13. なんぢの舌をおさへて惡につかしめず なんぢの口唇(くちびる)をおさへて虚偽(いつはり)をいはざらしめよ
  14. 惡をはなれて善(ぜん)をおこなひ和睦(やはらぎ)をもとめて切(せち)にこのことを勉(つと)めよ
  15. ヱホバの目はたゞしきものをかへりみ その耳はかれらの號呼(さけび)にかたぶく
  16. ヱホバの聖顔(みかほ)はあくをなす者にむかひてその跡(あと)を地より断滅(たちほろぼ)したまふ
  17. 義者(たゞしきもの)さけびたればヱホバ之(これ)をきゝてそのすべての患難(なやみ)よりたすけいだしたまへり
  18. ヱホバは心のいたみかなしめる者にちかく在(いま)してたましひの悔頽(くいくづほ)れたるものをすくひたまふ
  19. たゞしきものは患難(なやみ)おほし されどヱホバはみなその中よりたすけいだしたまふ
  20. ヱホバはかれがすべての骨をまもりたまふ その一つだに折らるゝことなし
  21. 惡はあしきものをころさん 義人(たゞしきひと)をにくむものは刑(つみ)なはるべし
  22. ヱホバはその僕(しもべ)等のたましひを贖(あがな)ひたまふ ヱホバに依頼(よりたの)むものは一人だにつみなはるゝことなからん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書