目次 前へ 次へ 1 1020 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 4050 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第36篇(psalm 36)

伶長(うたのかみ)にうたはしめたるヱホバの僕(しもべ)ダビデのうた
  1. あしきものの愆(とが)はわが心のうちにかたりて その目のまへに神をおそるゝの畏(おそれ)あることなしといふ
  2. かれはおのが邪曲(よこしま)のあらはるゝことなく憎(にく)まるゝことなからんとて自(みづ)からその目にて[おもね]る
  3. その口のことばは邪曲(よこしま)と虚偽(いつはり)となり 智(ち)をこばみ善(ぜん)をおこなふことを息(やめ)たり
  4. かつその寝床(ふしど)にてよこしまなる事をはかり よからぬ途(みち)にたちとまりて惡をきらはず
  5. ヱホバよなんぢの仁慈(いつくしみ)は天にあり なんぢの眞實(まこと)は雲にまでおよぶ
  6. 汝(なんぢ)のたゞしきは神の山のごとく なんぢの審判(さばき)はおほいなる淵(ふち)なり ヱホバよなんぢは人とけものとを護(まも)りたまふ
  7. 神よなんぢの仁慈(いつくしみ)はたふときかな 人の子はなんぢの翼(つばさ)の蔭(かげ)にさけどころを得(え)
  8. なんぢの屋(いへ)のゆたかなるによりてことごとく飽(あく)ことをえん なんぢはその歓樂(たのしみ)のかはの水をかれらに飮(のま)しめたまはん
  9. そはいのちの泉(いづみ)はなんぢに在(あ)り われらはなんぢの光によりて光をみん
  10. ねがはくはなんぢを知るものにたえず憐憫(あはれみ)をほどこし心なほき者にたえず正義(たゞしき)をほどこしたまへ
  11. たかぶるものの足われをふみ惡(あし)きものの手われを逐去(おひはら)ふをゆるし給(たま)ふなかれ
  12. 邪曲(よこしま)をおこなふ者はかしこに仆(たふ)れたり かれら打伏(うちふせ)られてまた起(たつ)ことあたはざるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書