目次 前へ 次へ 1 1020 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 4050 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第38篇(psalm 38)

記念(きねん)のためにつくれるダビデのうた
  1. ヱホバよねがはくは忿恚(いきどほり)をもて我をせめ はげしき怒(いかり)をもて我をこらしめ給(たま)ふなかれ
  2. なんぢの矢われにあたり なんぢの手(みて)わがうへを壓(おさ)へたり
  3. なんぢの怒(いかり)によりてわが肉には全(また)きところなく わが罪によりてわが骨には健(すこや)かなるところなし
  4. わが不義(ふぎ)は首(かうべ)をすぎてたかく重荷(おもに)のごとく負(おひ)がたければなり
  5. われ愚(おろか)なるによりてわが傷あしき臭(にほひ)をはなちて腐(くさ)れたゞれたり
  6. われ折屈(をれかゞ)みていたくなげきうなたれたり われ終日(ひねもす)かなしみありく
  7. わが腰(こし)はことごとく焼(やく)るがごとく肉に全(また)きところなければなり
  8. 我(われ)おとろへはて甚(いた)くきずつけられ わが心のやすからざるによりて欷歔(うめき)さけべり
  9. あゝ主(しゆ)よわがすべての願望(ねがひ)はなんぢの前(みまへ)にあり わが嘆息(なげき)はなんぢに隠(かく)るゝことなし
  10. わが胸をどりわが力おとろへ わが眼(め)のひかりも亦(また)われをはなれたり
  11. わが友わが親(したし)めるものはわが痍(きず)をみて遥(はるか)にたち わが隣(となり)もまた遠(とほざ)かりてたてり
  12. わが生命(いのち)をたづぬるものは羂(わな)をまうけ我をそこなはんとするものは惡言(あしきこと)をいひ また終日(ひねもす)たばかりを謀(はか)る
  13. 然(しか)はあれどわれは聾者(みゝしひ)のごとくきかず われは口をひらかぬ唖者(おふし)のごとし
  14. 如此(かく)われはきかざる人のごとく口にことあげせぬ人のごときなり
  15. ヱホバよ我なんぢを俟望(まちのぞ)めり 主(しゆ)わが神よなんぢかならず答へたまふべければなり
  16. われ曩(さき)にいふ おそらくはかれらわが事によりて喜び わが足のすべらんとき我にむかひて誇(ほこ)りかにたかぶらんと
  17. われ仆(たふ)るゝばかりになりぬ わが悲哀(かなしみ)はたえずわが前にあり
  18. そは我みづから不義をいひあらはし わが罪のためにかなしめばなり
  19. わが仇(あた)はいきはたらきてたけく 故(ゆゑ)なくして我をうらむるものおほし
  20. 惡(あく)をもて善(ぜん)にむくゆるものはわれ善事(よきこと)にしたがふが故(ゆゑ)にわが仇(あた)となれり
  21. ヱホバよねがはくは我をはなれたまふなかれ わが神よわれに遠(とほざ)かりたまふなかれ
  22. 主(しゆ)わがすくひよ速(とく)きたりて我をたすけたまへ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書