目次 前へ 次へ 1 10 2030 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 ・ 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第45篇(psalm 45)

百合花(ゆりのはな)のしらべにあはせて伶長(うたのかみ)にうたはしめたるコラの子のをしへのうた 愛のうた
  1. わが心はうるはしき事にてあふる われは王のために詠(よみ)たるものをいひいでん わが舌はすみやけく寫字人(ものかくひと)の筆(ふで)なり
  2. なんぢは人の子輩(こら)にまさりて美(うるは)しく文雅(みやび)そのくちびるにそゝがる このゆゑに神はとこしへに汝をさいはひしたまへり
  3. 英雄(ますらを)よなんぢその劍(つるぎ)その榮(さかえ)その威(ゐ)をこしに佩(おぶ)べし
  4. なんぢ眞理(まこと)と柔和(にうわ)とたゞしきとのために威(ゐ)をたくましくし勝をえて乗(のり)すゝめ なんぢの右手なんぢに畏(おそ)るべきことををしへん
  5. なんぢの矢は鋭(とく)して王のあたの胸をつらぬき もろもろの民はなんぢの下(もと)にたふる
  6. 神よなんぢの寳座(みくら)はいやとほ永(なが)くなんぢの國(くに)のつゑは公平のつゑなり
  7. なんぢは義をいつくしみ惡をにくむ このゆゑに神なんぢの神はよろこびの膏(あぶら)をなんぢの侶(とも)よりまさりて汝にそゝぎたまへり
  8. なんぢの衣(ころも)はみな没薬(もつやく)蘆薈(ろくわい)肉桂(にくけい)のかをりあり 琴瑟(をごと)の音(ね)ざうげの諸殿(とのどの)よりいでて汝をよろこばしめたり
  9. なんぢがたふとき婦(をんな)のなかには もろもろの王のむすめあり 皇后(きさき)はオフルの金(こがね)をかざりてなんぢの右にたつ
  10. 女(むすめ)よきけ目をそゝげ なんぢの耳をかたぶけよ なんぢの民となんぢが父の家とをわすれよ
  11. さらば王はなんぢの美麗(うるはしき)をしたはん 王はなんぢの主(しゆ)なりこれを伏拝(ふしをが)め
  12. ツロの女(むすめ)は贈物をもてきたり民間(たみのなか)のとめるものも亦(また)なんぢの惠(めぐみ)をこひもとめん
  13. 王のむすめは殿のうちにていとゞ榮(さか)えかゞやき そのころもは金(こがね)をもて織(おり)なせり
  14. かれは鍼繍(ぬひもの)せる衣(ころも)をきて王のもとにいざなはる 之(これ)にともなへる處女(をとめ)もそのあとにしたがひて汝のもとにみちびかれゆかん
  15. かれらは歓喜(よろこび)と快樂(たのしみ)とをもていざなはれ斯(かく)して王の殿(との)にいらん
  16. なんぢの子らは列祖(おやたち)にかはりてたち なんぢはこれを全地に君(きみ)となさん
  17. 我(われ)なんぢの名をよろづ代(よ)にしらしめん この故(ゆゑ)にもろもろの民はいやとほ永(なが)くなんぢに感謝すべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書