目次 前へ 次へ 1 10 2030 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 ・ 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第48篇(psalm 48)

コラの子のうたなり 讃美(さんび)なり
  1. ヱホバは大(おほい)なり われらの神の都(みやこ)そのきよき山のうへにて甚(いた)くほめたゝへられたまふべし
  2. シオンの山はきたの端(はし)たかくしてうるはしく喜悦(よろこび)を地にあまねくあたふ こゝは大(おほい)なる王のみやこなり
  3. そのもろもろの殿(との)のうちに神はおのれをたかき櫓(やぐら)としてあらはしたまへり
  4. みよ王等(わうたち)はつどひあつまりて偕(とも)にすぎゆきぬ
  5. かれらは都をみてあやしみ且(かつ)おそれて忽(たちま)ちのがれされり
  6. 戰慄(をのゝき)はかれらにのぞみ その苦痛(くるしみ)は子をうまんとする婦(をんな)のごとし
  7. なんぢは東風(こちかぜ)をおこしてタルシシの舟をやぶりたまふ
  8. 曩(さき)にわれらが聞(きゝ)しごとく今われらは萬軍(ばんぐん)のヱホバの都われらの神のみやこにて之(これ)をみることをえたり 神はこの都をとこしへまで固くしたまはん セラ
  9. 神よ我らはなんぢの宮のうちにて仁慈(みいつくしみ)をおもへり
  10. 神よなんぢの譽(ほまれ)はその名(みな)のごとく地の極(はて)にまでおよべり なんぢの右手はたゞしきにて充(みて)り
  11. なんぢのもろもろの審判(さばき)によりてシオンの山はよろこびユダの女輩(むすめたち)はたのしむべし
  12. シオンの周圍(まはり)をありき[あまね]くめぐりてその櫓(やぐら)をかぞへよ
  13. その石垣に目をとめよ そのもろもろの殿をみよ なんぢらこれを後代(のちのよ)にかたりつたへんが爲(ため)なり
  14. そはこの神はいや遠長(とほなが)にわれらの神にましまして われらを死(しぬ)るまでみちびきたまはん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書