目次 前へ 次へ 1 10 2030 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 ・ 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第49篇(psalm 49)

伶長(うたのかみ)にうたはしめたるコラの子のうた
  1. もろもろの民よきけ賤(いやし)きも貴(たふと)きも富(とめ)るも貧(まづし)きもすべて地にすめる者よ なんぢらともに耳をそばだてよ
  2. わが口はかしこきことをかたり わが心はさときことを思はん
  3. われ耳を喩言(たとへ)にかたぶけ琴(こと)をならしてわが幽玄(かすか)なる語(ことば)をときあらはさん
  4. わが踵(くびす)にちかゝる不義のわれを打圍(うちかこ)むわざはひの日もいかで懼(おそ)るゝことあらんや
  5. おのが富(とみ)をたのみ財(たから)おほきを誇(ほこ)るもの
  6. たれ一人おのが兄弟をあがなふことあたはず之(これ)がために贖價(あがなひしろ)を神にさゝげ
  7. 之(これ)をとこしへに生存(いきながら)へしめて朽(くち)ざらしむることあたはず(霊魂(たましひ)をあがなふには費(つひえ)いとおほくして此事(このこと)をとこしへに捨置(すておか)ざるを得(え)ざればなり)
  8. そは智(かしこ)きものも死(しに) おろかものも獣心者(しれもの)もひとしくほろびてその富(とみ)を他人(あだしびと)にのこすことは常にみるところなり
  9. かれら竊(ひそか)におもふ わが家はとこしへに存(のこ)りわがすまひは世々にいたらんと かれらはその地におのが名をおはせたり
  10. されど人は譽(ほまれ)のなかに永(なが)くとゞまらず亡(ほろ)びうする獣(けもの)のごとし
  11. 斯(かく)のごときは愚(おろ)かなるものの途(みち)なり 然(しか)はあれど後人(のちのひと)はその言(ことば)をよしとせん セラ
  12. かれらは羊(ひつじ)のむれのごとくに陰府(よみ)のものと定(さだ)めらる 死これが牧者(ぼくしゃ)とならん直(なほ)きもの朝(あした)にかれらををさめん その美容(うるはしき)は陰府(よみ)にほろぼされて宿(やど)るところなかるべし
  13. されど神われを接(うけ)たまふべければわが霊魂(たましひ)をあがなひて陰府(よみ)のちからより脱(まぬ)かれしめたまはん セラ
  14. 人のとみてその家のさかえくはゝらんとき汝(なんぢ)おそるるなかれ
  15. かれの死(しぬ)るときは何一つたづさへゆくことあたはず その榮(さかえ)はこれにしたがひて下(くだ)ることをせざればなり
  16. かゝる人はいきながらふるほどに己(おの)がたましひを祝(しゆく)するとも みづからを厚(あつ)うするがゆゑに人々なんぢをほむるとも
  17. なんぢ列祖(おやたち)の世にゆかん かれらはたえて光をみざるべし
  18. 尊貴(たふとき)なかにありて暁(さと)らざる人はほろびうする獣(けもの)のごとし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書