目次 前へ 次へ 1 10 20 3040 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 ・ 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第51篇(psalm 51)

ダビデがバテセバにかよひしのち預言者ナタンの來(きた)れるときよみて伶長(うたのかみ)にうたはしめたる歌
  1. あゝ神よねがはくはなんぢの仁慈(いつくしみ)によりて我をあはれみ なんぢの憐憫(あはれみ)のおほきによりてわがもろもろの愆(とが)をけしたまへ
  2. わが不義をことごとくあらひさり我をわが罪よりきよめたまへ
  3. われはわが愆(とが)をしる わが罪はつねにわが前にあり
  4. 我はなんぢにむかひて獨(たゞ)なんぢに罪ををかし聖前(みまへ)にあしきことを行(おこな)へり されば汝ものいふときは義(たゞし)とせられ なんぢ鞫(さば)くときは咎(とが)めなしとせられ給(たま)ふ
  5. 視(み)よわれ邪曲(よこしま)のなかにうまれ罪ありてわが母われをはらみたりき
  6. なんぢ眞實(まこと)をこゝろの衷(うち)にまでのぞみ わが隠(かく)れたるところに智慧(ちゑ)をしらしめ給(たま)はん
  7. なんぢヒソプをもて我をきよめたまへ さらばわれ浄(きよ)まらん 我をあらひたまへ さらばわれ雪よりも白からん
  8. なんぢ我によろこびと快樂(たのしみ)とをきかせ なんぢが碎(くだ)きし骨をよろこばせたまへ
  9. ねがはくは聖顔(みかほ)をわがすべての罪よりそむけ わがすべての不義(ふぎ)をけしたまへ
  10. あゝ神よわがために清心(きよきこゝろ)をつくり わが衷(うち)になほき霊(れい)をあらたにおこしたまへ
  11. われを聖前(みまへ)より棄(すて)たまふなかれ 汝のきよき霊(みたま)をわれより取りたまふなかれ
  12. なんぢの救(すくひ)のよろこびを我にかへし自由の霊(みたま)をあたへて我をたもちたまへ
  13. さらばわれ愆(とが)ををかせる者になんぢの途(みち)ををしへん罪人(つみびと)はなんぢに歸(かへ)りきたるべし
  14. 神よわが救(すくひ)のかみよ血をながしゝ罪より我をたすけいだしたまへ わが舌は聲(こゑ)たからかになんぢの義(ぎ)をうたはん
  15. 主よわが口唇(くちびる)をひらきたまへ 然(さら)ばわが口なんぢの頌美(ほまれ)をあらはさん
  16. なんぢは祭物(そなへもの)をこのみたまはず もし然(しか)らずば我これをさゝげん なんぢまた燔祭(はんさい)をも悦(よろこ)びたまはず
  17. 神のもとめたまふ祭物(そなへもの)はくだけたる霊魂(たましひ)なり 神よなんぢは碎(くだ)けたる悔(くい)しこゝろを藐(かろ)しめたまふまじ
  18. ねがはくは聖意(みこゝろ)にしたがひてシオンにさいはひし ヱルサレムの石垣をきづきたまへ
  19. その時なんぢ義(ぎ)のそなへものと燔祭(はんさい)と全(また)きはんさいとを悦(よろこ)びたまはん かくて人々なんぢの祭壇に牡牛(をうし)をさゝぐべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書