目次 前へ 次へ 1 10 20 3040 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 ・ 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第56篇(psalm 56)

ダビデがガテにてペリシテ人(びと)にとらへられしとき詠(よみ)て「遠きところにをる音をたてぬ鴿(はと)」のしらべにあはせて伶長(うたのかみ)にうたはしめたるミクタムの歌
  1. あゝ神よねがはくは我をあはれみたまへ 人いきまきて我をのまんとし終日(ひねもす)たゝかひて我をしへたぐ
  2. わが仇(あた)ひねもす急喘(いきまき)てわれをのまんとす誇(ほこ)りたかぶりて我とたゝかふものおほし
  3. われおそるゝときは汝(なんぢ)によりたのまん
  4. われ神によりてその聖言(みことば)をほめまつらん われ神に依頼(よりたの)みたればおそるゝことあらじ肉體(にくたい)われになにをなし得(え)んや
  5. かれらは終日(ひねもす)わがことばを曲(まぐ)るなり その思念(おもひ)はことごとくわれにわざはひをなす
  6. かれらは群(むれ)つどひて身をひそめ わが歩(あゆみ)に目をとめてわが霊魂(たましひ)をうかゞひもとむ
  7. かれらは不義をもてのがれんとおもへり 神よねがはくは憤(いきど)ほりてもろもろの民をたふしたまへ
  8. 汝(なんぢ)わがあまたゝびの流離(さすらへ)をかぞへたまへり なんぢの革嚢(かはぶくろ)にわが涙をたくはへたまへ こは皆なんぢの冊(ふみ)にしるしあるにあらずや
  9. わがよびもとむる日にはわが仇(あた)しりぞかん われ神のわれを守りたまふことを知る
  10. われ神によりてその聖言(みことば)をほめまつらん 我(われ)ヱホバによりてそのみことばを讃(ほめ)まつらん
  11. われ神によりたのみたれば懼(おそ)るゝことあらじ 人はわれに何をなしえんや
  12. 神よわがなんぢにたてし誓(ちかひ)はわれをまとへり われ感謝のさゝげものを汝にさゝげん
  13. 汝(なんぢ)わがたましひを死よりすくひたまへばなり なんぢ我をたふさじとわが足をまもり生命(いのち)の光のうちにて神のまへに我をあゆませ給(たま)ひしにあらずや

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書