目次 前へ 次へ 1 10 20 3040 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 ・ 70 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第58篇(psalm 58)

ダビデがよみて「ほろぼすなかれ」といふ調(しらべ)にあはせて伶長(うたのかみ)にうたはしめたるミクタムのうた
  1. なんぢら黙(もだ)しゐて義(ぎ)をのべうるか 人の子よなんぢらなほき審判(さばき)をおこなふや
  2. 否(いな)なんぢらは心のうちに惡事(あしきこと)をおこなひ その手の強暴(あらび)をこの地にはかりいだすなり
  3. あしきものは胎(たい)をはなるゝより背(そむ)きとほざかり生(うま)れいづるより迷(まよ)ひていつはりをいふ
  4. かれらの毒(どく)は蛇(へび)のどくのごとし かれらは蠱術(まじわざ)をおこなふものの甚(いと)たくみにまじなふその聲(こゑ)をだにきかざる耳ふさぐ聾(みゝし)ひの蝮(まむし)のごとし
  5. 神よかれらの口の歯ををりたまヘ ヱホバよ壮獅(わかきしゝ)の牙(きば)をぬきくだきたまへ
  6. 願(ねがは)くはかれらを流れゆく水のごとくに消失(きえうせ)しめ その矢をはなつときは折(をら)れたるごとくなし給(たま)はんことを
  7. また融(とけ)てきえゆく蝸牛(かたつぶり)のごとく婦(をんな)のときならず産(うみ)たる日をみぬ嬰(こ)のごとくならしめ給(たま)へ
  8. なんぢらの釜(かま)いまだ荊蕀(いばら)の火をうけざるさきに青(あをき)をも燃(もえ)たるをもともに狂風(つむじ)にて吹(ふき)さりたまはん
  9. 義者(たゞしきもの)はかれらが讎(あた)かへさるゝを見てよろこび その足をあしきものの血のなかにてあらはん
  10. かくて人はいふべし 實(げ)にたゞしきものに報賞(むくい)あり實(げ)にさばきをほどこしたまふ神はましますなりと

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書