目次 前へ 次へ 1 10 20 30 4050 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 ・ 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第62篇(psalm 62)

エドトンの體(さま)にしたがひて伶長(うたのかみ)にうたはしめたるダビデのうた
  1. わがたましひは黙(もだ)してたゞ神をまつ わがすくひは神よりいづるなり
  2. 神こそはわが磐(いは)わがすくひなれ またわが高き櫓(やぐら)にしあれば我いたくは動(うご)かされじ
  3. なんぢらは何(いづれ)のときまで人におしせまるや なんぢら相共(あひとも)にかたぶける石垣のごとく揺(ゆる)ぎうごける籬(かき)のごとくに人をたふさんとするか
  4. かれらは人をたふとき位(くらゐ)よりおとさんとのみ謀(はか)り いつはりをよろこび またその口にてはいはひ その心にてはのろふ セラ
  5. わがたましひよ黙(もだ)してたゞ神をまて そはわがのぞみは神よりいづ
  6. 神こそはわが磐(いは)わがすくひなれ 又わがたかき櫓(やぐら)にしあれば我はうごかされじ
  7. わが救(すくひ)とわが榮(さかえ)とは神にあり わがちからの磐(いは)わがさけどころは神にあり
  8. 民よいかなる時にも神によりたのめ その前(みまへ)になんぢらの心をそゝぎいだせ 神はわれらの避所(さけどころ)なり セラ
  9. 實(げ)にひくき人はむなしく たかき人はいつはりなり すべてかれらを權衡(はかり)におかば上にあがりて虚(むな)しきものよりも軽(かろ)きなり
  10. 暴虐(しへたげ)をもて恃(たのみ)とするなかれ 掠(かすめ)奪(うば)ふをもてほこるなかれ 富(とみ)のましくはゝる時はこれに心をかくるなかれ
  11. ちからは神にあり 神ひとたび之(これ)をのたまへり われ二次(ふたゝび)これをきけり
  12. あゝ主(しゆ)よあはれみも亦(また)なんぢにあり なんぢは人おのおのの作(わざ)にしたがひて報(むくい)をなしたまへばなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書