目次 前へ 次へ 1 10 20 30 4050 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 ・ 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第63篇(psalm 63)

ユダの野にありしときに詠(よめ)るダビデのうた
  1. あゝ神よなんぢはわが神なり われ切(せち)になんぢをたづねもとむ 水なき燥(かわ)きおとろへたる地にあるごとくわが霊魂(たましひ)はかわきて汝(なんぢ)をのぞみ わが肉體(にくたい)はなんぢを戀(こひ)したふ
  2. 曩(さき)にも我(われ)かくのごとく大權(みちから)と榮光(みさかえ)とをみんことをねがひ聖所(せいじょ)にありて目をなんぢより離(はな)れしめざりき
  3. なんぢの仁慈(いつくしみ)はいのちにも勝(まさ)れるゆゑにわが口唇(くちびる)はなんぢを讃(ほめ)まつらん
  4. 斯(かく)われはわが生(いく)るあひだ汝(なんぢ)をいはひ名(みな)によりてわが手をあげん
  5. われ床(とこ)にありて汝(なんぢ)をおもひいで夜の更(ふく)るまゝになんぢを深くおもはん時 わがたましひは髓(ずゐ)と脂(あぶら)とにて饗(もてな)さるゝごとく飽(あく)ことをえ わが口はよろこびの口唇(くちびる)をもてなんぢを讃(ほめ)たゝへん
  6. そはなんぢわが助(たすけ)となりたまひたれば 我なんぢの翼(つばさ)のかげに入(いり)てよろこびたのしまん
  7. わがたましひはなんぢを慕追(したひお)ふ みぎの手(みて)はわれを支(さゝ)ふるなり
  8. 然(され)どわがたましひを滅(ほろぼ)さんとて尋(たづ)ねもとむるものは地のふかきところにゆき
  9. 又つるぎの刃にわたされ野犬(のいぬ)の獲(う)るところとなるべし
  10. しかれども王は神をよろこばん 神によりて誓(ちかひ)をたつるものはみな誇(ほこ)ることをえん 虚偽(いつはり)をいふものの口はふさがるべければなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書