目次 前へ 次へ 1 10 20 30 4050 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 ・ 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第66篇(psalm 66)

伶長(うたのかみ)にうたはしめたる讃美(さんび)なり 歌なり
  1. 全地よ神にむかひて歓(よろこ)びよばはれ
  2. その名(みな)の榮光(えいくわう)をうたへ その頌美(ほまれ)をさかえしめよ
  3. かみに告(つげ)まつれ 汝(なんぢ)のもろもろの功用(みわざ)はおそるべきかな大(おほい)なる力によりてなんぢの仇(あた)はなんぢに畏(おそ)れしたがひ
  4. 全地はなんぢを拝(をが)みてうたひ名(みな)をほめうたはんと セラ
  5. 來(きた)りて神のみわざをみよ 人の子輩(こら)にむかひて作(なし)たまふことはおそるべきかな
  6. 神はうみをかへて乾(かわ)ける地となしたまへり ひとびと歩行(かち)にて河(かは)をわたりき その處(ところ)にてわれらは神をよろこべり
  7. 神はその大能(たいのう)をもてとこしへに統治(すべをさ)め その目(みめ)は諸國(くにぐに)をみたまふ そむく者みづからを崇(あが)むべからず セラ
  8. もろもろの民よ われらの神をほめまつれ神をほめたゝふる聲(こゑ)をきこえしめよ
  9. 神はわれらの霊魂(たましひ)をながらへしめ われらの足のうごかさるゝことをゆるしたまはず
  10. 神よなんぢはわれらを試(こゝろ)みて白銀(しろかね)をねるごとくにわれらを錬(ねり)たまひたればなり
  11. 汝(なんぢ)われらを網(あみ)にひきいれ われらの腰(こし)におもき荷(に)をおき
  12. 人々をわれらの首(かうべ)のうへに騎(のり)こえしめたまひき われらは火のなか水のなかをすぎゆけり されど汝(なんぢ)その中よりわれらをひきいだし豊盛(ゆたか)なる處(ところ)にいたらしめたまへり
  13. われ燔祭(はんさい)をもてなんぢの家にゆかん 迫(せま)りくるしみたるときにわが口唇(くちびる)のいひいでわが口ののべし誓(ちかひ)をなんぢに償(つくの)はん
  14. われ肥(こえ)たるものを燔祭(はんさい)とし牡羊(をひつじ)を馨香(かをり)として汝(なんぢ)にさゝげ牡牛(をうし)と牡山羊(をやぎ)とをそなへまつらん セラ
  15. 神をおそるゝ人よ みな來(きた)りてきけ われ神のわがたましひのために作(なし)たまへることをのべん
  16. われわが口をもて神によばはり また舌(した)をもてあがむ
  17. 然(しか)るにわが心にしれる不義(ふぎ)あらば主(しゆ)はわれにきゝたまふまじ
  18. されどまことに神はきゝたまへり聖意(みこゝろ)をわがいのりの聲(こゑ)にとめたまへり
  19. 神はほむべきかな わが祈(いのり)をしりぞけず その憐憫(あはれみ)をわれよりとりのぞきたまはざりき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書