目次 前へ 次へ 1 10 20 30 4050 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 ・ 80 90 100 110 120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第69篇(psalm 69)

百合花(ゆりのはな)にあはせて伶長(うたのかみ)にうたはしめたるダビデのうた
  1. 神よねがはくは我をすくひたまへ 大水(おほみづ)ながれきたりて我(わ)がたましひにまでおよべり
  2. われ立止(たちど)なきふかき泥(ひぢ)の中にしづめり われ深水(ふかきみづ)におちいる おほみづわが上をあふれすぐ
  3. われ歎息(なげき)によりてつかれたり わが喉(のど)はかわき わが目はわが神をまちわびておとろへぬ
  4. 故(ゆゑ)なくしてわれをにくむ者わがかしらの髪(け)よりもおほく謂(いはれ)なくしてわが仇(あた)となり我をほろぼさんとするものの勢力(いきほひ)つよし われ掠(かす)めざりしものをも償(つくの)はせらる
  5. 神よなんぢはわが愚(おろか)なるをしりたまふ わがもろもろの罪はなんぢにかくれざるなり
  6. 萬軍(ばんぐん)のヱホバ主(しゆ)よ ねがはくは汝(なんぢ)をまちのぞむ者をわが故(ゆゑ)によりて辱(はづ)かしめらるゝことなからしめたまヘ イスラエルの神よねがはくはなんぢを求むる者をわが故(ゆゑ)によりて恥(はぢ)をおはしめらるゝことなからしめたまへ
  7. 我はなんぢのために謗(そしり)をおひ恥(はぢ)はわが面(かほ)をおほひたればなり
  8. われわが兄弟(はらから)には旅人のごとく わが母の子には外人(あだしびと)のごとくなれり
  9. そはなんぢの家をおもふ熱心われをくらひ汝(なんぢ)をそしるものの謗(そしり)われにおよべり
  10. われ涙をながして食(しょく)をたち わが霊魂(たましひ)をなげかすれば反(かへり)てこれによりて謗(そしり)をうく
  11. われ麁布(あらたへ)をころもとなしゝにかれらが諺語(ことわざ)となりぬ
  12. 門(かど)にすわる者はわがうへをかたる われは酔狂(ゑひしれ)たるものに謳(うた)ひはやされたり
  13. 然(しか)はあれどヱホバよ われは惠(めぐみ)のときに汝(なんぢ)にいのる ねがはくは神よなんぢの憐憫(あはれみ)のおほきによりて汝のすくひの眞實(まこと)をもて我にこたへたまへ
  14. ねがはくは泥(ひぢ)のなかより我をたすけいだして沈(しづ)まざらしめたまへ 我をにくむものより深水(ふかきみづ)よりたすけいだしたまへ
  15. 大水(おほみづ)われを淹(おほ)ふことなく淵(ふち)われをのむことなく坑(あな)その口をわがうへに閉(とづ)ることなからしめたまヘ
  16. ヱホバよねがはくは我にこたへたまへ なんぢの仁慈(いつくしみ)うるはしければなり なんぢの憐憫(あはれみ)はおほしわれに歸(かへ)りきたりたまへ
  17. 面(みかほ)をなんぢの僕(しもべ)にかくしたまふなかれ われ迫(せま)りくるしめり ねがはくは速(すみや)かに我にこたへたまへ
  18. わがたましひに近くよりて之(これ)をあがなひわが仇(あた)のゆゑに我をすくひたまへ
  19. 汝(なんぢ)はわがうくる謗(そしり)とはぢと侮辱(あなどり)とをしりたまへり わが敵はみな汝のみまへにあり
  20. [そしり]わが心をくだきぬれば我(われ)いたくわづらへり われ憐憫(あはれみ)をあたふる者をまちたれど一人だになく 慰(なぐさ)むるものを俟(まち)たれど一人をもみざりき
  21. かれらは苦草(にがきくさ)をわがくひものにあたへ わが渇(かわ)けるときに醋(す)をのませたり
  22. ねがはくは彼等のまへなる筵(えん)は網(あみ)となり そのたのむ安逸(やすき)はつひに羂(わな)となれ
  23. その目をくらくして見(みえ)しめず その腰(こし)をつねにふるはしめたまへ
  24. 願(ねがは)くはなんぢの忿恚(いきどほり)をかれらのうへにそゝぎ汝(なんぢ)のいかりの猛烈(はげしき)をかれらに追及(おひしか)せたまへ
  25. かれらの屋(いへ)をむなしくせよ その幕屋(まくや)に人をすまはするなかれ
  26. かれらはなんぢが撃(うち)たまひたる者をせめ なんぢが傷(きずつ)けたまひたるものの痛(いたみ)をかたりふるればなり
  27. ねがはくはかれらの不義(ふぎ)に不義をくはへてなんぢの義(ぎ)にあづからせ給(たま)ふなかれ
  28. かれらを生命の册(ふみ)よりけして義(たゞし)きものとともに記(しる)さるゝことなからしめたまへ
  29. 斯(かく)てわれはくるしみ且(かつ)うれひあり 神よねがはくはなんぢの救(すくひ)われを高處(たかきところ)におかんことを
  30. われ歌をもて神の名(みな)をほめたゝへ 感謝をもて神をあがめまつらん
  31. 此(こ)はをうしまたは角(つの)と蹄(ひづめ)とある力つよき牡牛(をうし)にまさりてヱホバよろこびたまはん
  32. 謙遜者(へりくだるもの)はこれを見てよろこべり 神をしたふ者よなんぢらの心はいくべし
  33. ヱホバは乏(とも)しきものの聲(こゑ)をきゝ その俘囚(とらはれびと)をかろしめたまはざればなり
  34. 天地(あめつち)はヱホバをほめ蒼海(おほうみ)とその中にうごくあらゆるものとはヱホバを讃(ほめ)まつるべし
  35. 神はシオンをすくひユダのもろもろの邑(まち)を建(たて)たまふべければなり かれらは其處(そこ)にすみ且(かつ)これをおのが有(もの)とせん
  36. その僕(しもべ)のすゑも亦(また)これを嗣(つぎ)その名(みな)をいつくしむ者その中にすまん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書